佐野勇斗、「告らせたい」から「告りたい」へ!恋愛観の変化を告白

佐野勇斗、「告らせたい」から「告りたい」へ!恋愛観の変化を告白

佐野勇斗は告りたい派!

 俳優の佐野勇斗が7日、都内で行われた映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』完成披露舞台あいさつに出席し、共演した平野紫耀の影響で恋愛に対する考えが変わったことを明かした。舞台あいさつには、橋本環奈、池間夏海、浅川梨奈、堀田真由、ゆうたろう、河合勇人監督も登壇した。

 累計750万部を突破しアニメ化もされた赤坂アカの人気ラブコメ漫画を実写映画化した本作。名門私立高校を舞台に「相手に絶対告らせたい」という生徒会長の白銀御行(平野)と副会長の四宮かぐや(橋本)が、頭脳戦を繰り広げる姿を描く。

 佐野は会計として生徒会を支えるが、観察力の高さゆえに生まれる地雷的言動で意図せぬうちに周囲を引っ掻き回してしまう石上優を好演した。劇中ではエキセントリックな発言も目立つが「告りたいか、告らせたいか」という質問に「以前は、性格的に自分で告白することは難しいなと思っていたのですが、平野紫耀くんの『男なら告りたい』という発言を聞いて、僕も告りたいと思いました」と平野の男らしさに影響を受け、考えが変わったことを明かした。

 そんな佐野だったが、撮影中には平野の天然ぶりに驚くことも多々あったという。「軽めのやつから言いますね」と前置きした佐野は「僕の役名は石上というのですが『おい、石上』というセリフのとき、本番でいきなりまったく別の人の名前を呼ぶんですよ。僕は石上と呼ばれると思っていたので、びっくりして声が出てしまいました」というエピソードを披露。

 平野に理由を聞くと、直前までマイクのチェックをしていた音声さんの名前を本番で言ってしまったというのだ。場内は平野の天然にざわつくが、佐野は「実は撮影中、(平野の天然エピソードを)メモっていたのですが、あまりにも多すぎて途中であきらめました」と振り返っていた。

 現場の楽しい雰囲気が作品にも出ているようで、佐野は「完成した作品はメチャクチャ面白くて泣けると思います。楽しんでもらえること間違いないです」と力強く作品をアピールした。(磯部正和)

映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』は9月6日より全国公開

関連記事(外部サイト)