北村匠海&松坂桃李&浜辺美波、アニメ話で盛り上がる!

北村匠海&松坂桃李&浜辺美波、アニメ話で盛り上がる!

みんなアニメ好き!

 俳優の北村匠海が8日、都内で行われた映画『HELLO WORLD』プロジェクト始動イベントに登壇し、細田守監督作品のオーディションに挑戦し続けるほど、アニメのボイスキャストが夢だったことを明かした。イベントには、北村と同じくボイスキャストを務める松坂桃李、浜辺美波、主題歌を担当するOKAMOTO'S、Official髭男dism、Nulbarich、伊藤智彦監督も来場した。

 本作は、人気アニメ「ソードアート・オンライン」(略称・SAO)や「僕だけがいない街」などで知られる伊藤監督のオリジナル作品。2027年の京都を舞台に、内気な男子高校生・直実(声:北村)と、10年後の未来から来た自分を名乗る青年・ナオミ(声:松坂)が、事故で命を落とすはずのヒロイン・瑠璃(浜辺)を救おうとする姿を描く。

 声優初挑戦の北村は「アニメーション映画が大好きで、実は細田守監督作品のオーディションには中学の頃から行っています」と『おおかみこどもの雨と雪』や『バケモノの子』などのオーディションを受けていたことを打ち明けつつ、「ずっとやりたいと思っていたけど落ちていたので、どこかでいつかやれるかなと夢見ていたのが今回叶いました」と感激。また、家族全員がジブリ映画好きで、愛犬が『千と千尋の神隠し』のキャラクター名と同じ「ハク」であることも紹介し、アニメへの愛を訴えた。

 プレスコ(※アフレコとは違い先に声を入れる作業)については「僕のキャリアの中でも挑戦的なものでしたが、そこに負けないように果敢にいこうと思ってやっていました」と吐露。しかし、声だけの演技はやはり難しかったようで「頭の中でリアルな形を思い描きながらやりました」と振り返っていた。

 過去にクマのパディントンのボイスキャストを経験している松坂は今回も人間役と思わず、「ワニならこれでいこうとか、コウモリならこれでいこうとシミュレーションしていたけど、台本を読んだら人間で意表を突かれました」と驚きがあったことを告白。浜辺は、SAOを劇場で観るほどのファンで「監督とお仕事ができることは緊張するけど、お世話になれることはうれしかったです」と笑顔を見せた。

 全員がアニメ好きということもあり、この日は「ガンダム」「パトレイバー」「ヱヴァンゲリヲン」など、様々なアニメのタイトルが話の中で飛び交った。そんな中でも、松坂は「ナオミがショックを受けて叫ぶシーン」で、伊藤監督から「ヱヴァンゲリヲンの初号機が胸を貫かれるところあるじゃないですか。あの時の碇シンジの感じです」とアドバイスを受けたことを明かし、「共通認識を持ちながらやっていました」と楽しそうにプレスコ時を思い返していた。(取材:錦怜那)

映画『HELLO WORLD』は9月20日より全国公開

関連記事(外部サイト)