『シン・エヴァ』新機体・エヴァ改8号機γが登場!特報2.5公開

『シン・エヴァ』新機体・エヴァ改8号機γが登場!特報2.5公開

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』ティザーポスター - (C)カラー

 9日、庵野秀明が総監督を務める映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(2020年6月公開)の新規カットを含んだ映像となる、“特報2.5”が、キングレコードの公式YouTubeチャンネルで公開された。

 “特報2.5”は、全国の映画館で上映されている“特報2”をベースとしながら、各カットの長さを少しずつ伸ばして視認性を高めたバージョン。前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012)の公開から7年がすぎた現在、新作公開に向けて「エヴァは知っているが、観たことがない」若い世代にも観てもらいたいという思いから制作された。そのため最後には「来年6月公開お楽しみに!」とテロップが入るなど、夏休み期間に映画館へ訪れる子供たちを意識した内容になっている。

 また新規カットとして、本作で初登場する新機体「エヴァンゲリオン改8号機γ(ガンマ)」の姿も一瞬だけ収められており、ファンにとっても注目の映像に仕上がっている。映像は本日より全国の劇場(一部劇場を除く)で上映されるほか、公式アプリ「EVA−EXTRA」でも公開中。

 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、テレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の魅力を、現在のデジタル映像技術を駆使してアップデートする『新劇場版』シリーズの完結編。公開まで1年を切った本作は、やはり「若い世代に『エヴァ』を知ってもらうきっかけになれば」という思いから、全国の学校向けに、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(2007)と『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(2009)のいずれか1作品を対象とした無料上映を実施中(申し込みは本日まで)。夏休みを利用して、全国の小・中・高・大学で上映が行われている。(編集部・入倉功一)

関連記事(外部サイト)