タランティーノ監督、56歳でパパに!妻が第1子妊娠

『パルプ・フィクション』のタランティーノ監督が56歳でパパに 妻が第1子を妊娠

記事まとめ

  • クエンティン・タランティーノ監督の妻ダニエラ・ピックが第1子を妊娠した
  • 二人は「子供を授かると発表することができて、とても嬉しいです」とコメント
  • タランティーノ監督は新作映画を携えてレオナルド・ディカプリオと来日予定

タランティーノ監督、56歳でパパに!妻が第1子妊娠

タランティーノ監督、56歳でパパに!妻が第1子妊娠

おめでとうございます! - クエンティン・タランティーノ監督(左)とダニエラ・ピック(右) - Gareth Cattermole / Getty Images

 映画『パルプ・フィクション』などで知られるクエンティン・タランティーノ監督(56)の妻で、歌手のダニエラ・ピック(35)が第1子を妊娠したと、PEOPLE.com が独占で報じた。

 映画『イングロリアス・バスターズ』(2009)のプロモーション中に知り合ったタランティーノ監督とダニエラは、2017年に婚約。翌年11月に親族や友人などを招き、アメリカ・ロサンゼルスで結婚式を挙げている。

 第1子妊娠について、二人は同サイトに宛てた声明で「子供を授かると発表することができて、とても嬉しいです」とコメントしている。

 タランティーノ監督は、新作映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(8月30日全国公開)をひっさげ、俳優レオナルド・ディカプリオと共に来日が決定しており、26日に開催される記者会見やジャパンプレミアに出席予定となっている。(編集部・倉本拓弥)

関連記事(外部サイト)