吉岡里帆、主演作に自信!ネタバレギリギリでアピール

吉岡里帆、主演作に自信!ネタバレギリギリでアピール

本日も美しい吉岡里帆

 女優の吉岡里帆が22日、都内で行われた映画『見えない目撃者』完成披露舞台あいさつに登壇し、R15規制がかかった今作の見どころを「あわやネタバレ?」と共演者もたじろぐコメントでアピールした。

 本作は交通事故によって視力を失うとともに最愛の弟を亡くし、警察官の道までも絶たれた主人公の浜中なつめ(吉岡)が、聴覚・触覚・嗅覚を駆使し、誘拐事件の解決に挑む姿を描いたサスペンス。

 吉岡は「15禁ということで、監督がギリギリのところをせめているなぁという印象があります。みなさん目を背けたくなるかもしれないですけど、そっと開いて観ていただきたい」とアピール。さらに、「この中の誰かが亡くなるかもしれないんですけど」と自身もネタバレギリギリのラインをせめながら、「こんなひどいことあるかというくらいの絶望を目の当たりにしていただけるかなと思います。ぜひ、怖いですけど、そこを噛みしめて楽しんでください」と呼びかけた。

 なつめ役については、「ハンディを抱えて弱者に見えるけど、誰よりも本質を見ていたり、誰よりも強い信念と正義感をもって事件解決に挑んでいく」と紹介すると、「クランクインの2か月前から取材して、(目が見えないことの)大変さや苦悩、反対に強さなどを聞いてキャラクターを作っていきました」と入念な役作りを行ったことを告白。また、警察官に話を聞いたり、「犯人と対峙するシーンで弱々しく見えないように3か月くらい前から背筋を鍛えました」と筋トレによる肉体作りに励んだことも明かした。

 この日は、高杉真宙、大倉孝二、浅香航大、松大航也、國村隼、柳俊太郎、田口トモロヲ、森淳一監督、盲導犬パル役のパルも来場し、撮影時のエピソードトークを展開。なつめの“もう一つの目”となって事件に立ち向かうスケボー少年・国崎春馬役の高杉は、「(映画に関する記事では)『(盲導犬の)パルがバディだ』とか、『高杉真宙がバディだ』とか書いてあったりするので、僕がバディになれるように頑張りました」と力を込め、初挑戦のスケボーに関しても「いろんな方の力を借りて、かっこいい春馬くんを見せられていると思います」と自信をのぞかせた。

 刑事役の田口、大倉、浅香、風俗スカウトマン役の柳は、寒い時期にとにかく走るシーンが多かったようで、田口は「最初、走るメンバーに入ってなかったんですよ」と恨み節。柳は「年配と言ったら失礼ですけど……」と口ごもりながら、「僕より先輩のお二人(田口、大倉)が頑張っている姿を見て、弱音をはいちゃいけないなと思いました」と吐露。“年配”に引っかかった大倉は「45(歳)で年配って……」とわざと声を荒げて会場の笑いを誘っていた。(取材:錦怜那)

映画『見えない目撃者』は9月20日より全国公開

関連記事(外部サイト)