高橋一生&濱田岳が爆笑ゲンカ!

高橋一生&濱田岳が爆笑ゲンカ!

ズケズケ言い合い合戦を繰り広げる濱田岳と高橋一生、それを見守る星野源

 俳優の高橋一生が30日、都内・丸の内ピカデリーで行われた映画『引っ越し大名!』初日舞台あいさつに出席し、共演者の星野源、濱田岳らとの仲良しぶりを見せていた。この日は共演者の高畑充希、及川光博、そして犬童一心監督も来場した。

 『超高速!参勤交代』シリーズの原作、脚本を手掛けた土橋章宏の「引っ越し大名三千里」に基づく本作は、姫路(兵庫)から日田(大分)への国替え(引っ越し)を命じられた姫路藩士たちの涙ぐましい奮闘を描く物語。放送中のドラマ「凪のお暇」(TBS系)でこじらせ男子を演じていることも話題の高橋だが、本作では一転して、主人公・片桐春之介(星野)の幼なじみである豪快なキャラクターを好演している。撮影を振り返った高橋は「過酷な撮影でしたが、やっぱり出来上がった画面を観ると救われますよね。とても楽しい作品に仕上がりました」と満足げな表情。

 高橋いわく「撮影は炎天下でしたが、キャストの皆さん、仲良く過ごすことが出来たと思います」とのことだが、とりわけ星野、高橋、濱田の3人は撮影以外でも仲良く過ごしていたという。濱田は「一生さんとは何作も共演していますし。お二人ともすごく優しいお兄ちゃんなんですよ。(星野と高橋は)ゲームの話をしていたんですけど、僕はゲームをやらないんです。でもそこは年功序列とかがあるんで。『そうですか』『今度買ってみます』とか言いながら適当にやり過ごしました」とぶっちゃけ。

 その濱田の言葉に「(濱田は)演技がうまいんで、いい感じに受け取っていましたよ」と星野が笑えば、高橋は「何作も一緒にやっているとわかってきますよ。この野郎のことは」と星野に提言。すかさず濱田が「こんなところでこの野郎なんて言うんじゃないよ。バカだな」と注意するなど、ステージ上でズケズケ言い合い合戦に。それを見た星野は観客に向かって「撮影中は結構これが行われているんです」と言いながらクスクス笑っていた。

 イベントでは、本作のタイトルにちなんだ「共演者は○○大名?」トークも展開。濱田に「難癖大名」という称号を与えた高橋は、「難癖ばかりつけてくるんで、僕は現場で岳ちゃんに怒られてばかり。本当に萎縮してしまいますよね」とふざけると、濱田はあきれた様子で「はぁ……そういうやり方か。横でブーブーブーブー言っているのを拾ってあげているのにね。変な空気にならないように気を遣ってあげていたのにね〜」と応戦。そんな様子を見た星野が「どっちの言っていることも正しいです。これで仲がいいんだからすごいですよね」と笑うと、濱田は「さすが気遣い大名。これで源さんがいなかったら、僕ら炎上してますよね。助かったわ」とキレイに結んでいた。

 そんな3人の姿に犬童監督も「撮影中に3人が集まって笑顔でずっと話していて、何がそんなに楽しいのかなと思っていた。何を話しているんだろうと思って近づいてみたんですけど、その時はすごく楽しそうにスピーカーの話をしていて……」と不思議そうな表情。そんな3人が何を話していたのか。星野は「あまり覚えていないですけど……」と言いつつも、「ゲームの接続の話とか、あとは(濱田)岳ちゃんの悪口を目の前で言います。岳ちゃんは面白いんです」と返し、会場を沸かせた。(取材・文:壬生智裕)

映画『引っ越し大名!』は全国公開中

関連記事(外部サイト)