『シン・エヴァ』がなる早で観られる!No.1ファンを決める企画始動

『シン・エヴァ』がなる早で観られる!No.1ファンを決める企画始動

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』ティザーポスター - (C)カラー

 12日、BS日テレで放送中の人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」関連番組「NERV購買部第4BS出張所」が、「最強のエヴァ愛の持ち主」を決定する視聴者参加型プロジェクト「エヴァ愛 No.1 選手権〜わたしとエヴァンゲリオン〜」のスタートを発表した。ナンバーワンに選ばれたファンは、シリーズ最新作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を“なる早”で観ることができる。

 同プロジェクトでは、「エヴァンゲリオンとの出会い」や「なぜエヴァンゲリオンが好きなのか?」をつづった履歴書“エヴァ履歴”と、「私とエヴァンゲリオン」がお題の直筆作文を募集。番組プロデューサー、ディレクター、そして「エヴァンゲリオン宣伝チーム」スタッフの審査を経て、応募者のなかからナンバーワンのファンを決定する。

 選ばれたファンには、2020年6月を予定している『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の一般公開前に、完成した作品を「なる早で鑑賞できる権」が与えられる。“なる早”の時期や、上映される場所は、該当者のみに通達される。

 エヴァ歴書には、一般的な履歴書に名前、住所、メールアドレス、電話番号、生年月日(年齢)の記載が必須。家族構成、職業は任意記載となる。作文は市販の400字詰めの原稿用紙を使用し、2枚以内に“エヴァ愛”をつづる。いずれも番組MCで「エヴァ」ファンで知られる桜 稲垣早希による参考例が公開されている。

 応募期間は9月12日から11月17日まで(消印有効)。応募先や注意事項などは番組オフィシャルサイトで確認できる。

 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、庵野秀明が総監督を務め、テレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の魅力を、現在のデジタル映像技術を駆使してアップデートする『新劇場版』シリーズの完結編。(編集部・入倉功一)

関連記事(外部サイト)