映画『バットマン』(1966)のレスリー・H・マーティンソン監督が101歳で死去

記事まとめ

  • 映画『バットマン』(1966)のレスリー・H・マーティンソン監督が101歳で死去した
  • LAの自宅で家族に見守られながら息を引き取った、詳しい死因は明らかにされていない
  • 映画『続・連邦警察』『空から赤いバラ』なども手掛けた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております