広瀬すず、映画『怒り』で女子高生の役に挑戦 李相日監督のスパルタ指導に感謝

記事まとめ

  • 広瀬すずが映画『怒り』で、あるショッキングな事件に巻き込まれる女子高生の役に挑戦
  • スパルタな指導で知られる李相日監督から“ボロクソ”に言われ必死に耐え抜いたという
  • 広瀬は「監督によって自分に欠けていたことを気付かされました」と感謝の言葉を述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております