佐々木希、韓国ドラマに出て!SUPER JUNIORイェソンからラブコール

佐々木希、韓国ドラマに出て!SUPER JUNIORイェソンからラブコール

いつか韓流ドラマに出演? 佐々木希

 韓国の人気男性グループ SUPER JUNIOR のイェソンと佐々木希が11日、丸の内ピカデリーで行われた映画『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』(11月3日全国公開)の完成披露上映会に出席、共演者で女優の佐々木にイェソンが「韓国のドラマにも出てくれたらうれしい」とラブコールを送った。この日は、メガホンを取った朝原雄三監督も来場した。

 本作は、恋人に捨てられ、沖縄出張中に会社が倒産してしまったヨンウン(イェソン)と、韓国語の習得が必須の旅行会社に勤務するシングルマザー、さくら(佐々木)という、崖っぷち男女の姿を追ったラブストーリー。集まった大勢のファンに向けてイェソンが、日本語で「みなさん、こんにちは。『いきなり先生』でヨンウン役のイェソンです」とあいさつすると、さっそく会場は大盛り上がりとなった。

 撮影のため、あえて体重を増やしたというイェソン。「撮影前に4キロほど太った状態で入り、そのまま8キロやせた。その頃に比べると、今は6キロ減量している状態です」と明かすと、「ブサイクなヨンウンはいかがだったでしょうか? 気に入ってもらえたらうれしいですし、皆さんの心の中に、僕が感じた温かい気持ちが伝わってくれたらうれしいですね」とちゃめっ気たっぷりに語った。

 一方、佐々木にとってのチャレンジは韓国語のセリフだった。「現場に入る前に準備をしてしっかり覚えて……とやっても、ちょっとしたニュアンスが難しかった」という佐々木は、「でも現場に入ったら、一番の先生がいますから」とイェソンに目配せ。会場からはヒュー! と冷やかすような声がわき起こったが、それに対してイェソンは「皆さんの先生になりますよ」とフォロー。

 さらにイェソンが「本当に佐々木さんは韓国語に対する関心が高い。僕も日本で活動していて、日本語も勉強しているんですが、佐々木さんも韓国語をもっと話せるようになって、韓国のドラマに出演してくれたらうれしいですね」とコメントすると、佐々木は「その時は先生としてよろしくお願いします。(また)共演できる事を楽しみにしています」と返答。イェソンも「はい!」と力強い返事で約束を交わしていた。(取材・文:壬生智裕)

関連記事(外部サイト)