佐藤健、SNSは興味があるからこそやらない?

佐藤健、SNSは興味があるからこそやらない?

SNSやる? やらない? - 写真:杉映貴子

 SNSのつぶやきが頻繁に登場する映画『何者』で主演を務めた佐藤健が、難役に挑戦した撮影時を振り返りながら、自身がプライベートでSNSをやらない理由を明かした。

 直木賞作家・朝井リョウのベストセラー小説を映画化した本作は、就職活動を通して自己のアイデンティティーを模索する大学生たちの姿を描く人間ドラマ。内定がもらえない仲間たちの言動を冷静に分析する就活生・拓人を演じた佐藤は、「拓人がどういう人なのかわかりづらくて、どう演じたらいいのかわからなかった。お手上げ状態でした」と告白。「拓人がどういう風に見えるべきなのか、微妙なさじ加減が必要だったので、基本的には三浦(大輔)監督を信じてお任せしました。結果としてすごく面白い映画に仕上がったので、監督に感謝しています」としみじみ打ち明ける表情から、拓人がいかに難しい役どころだったのかがうかがえる。

 そんな佐藤は、お互いの本音を微妙に隠しながら付き合い、SNSで発散している劇中の就活生たちに、「嘘だろ?」という思いを抱いたそうだ。「僕は就活もSNSもやっていないので、そういう世界があるということを、原作を読んで知りました。でも、あれがリアルだという人も多いですよね。この映画を観てつらくなってしまう方は、人間の裏表を知っている人なのかもしれません」とジョーク交じりで語り、意味深な笑みを浮かべた。

 さらに、「SNSには興味があるからこそ、逆に一切やらないと決めているんです」と断言。「自分から何かを発信するということが、得意ではないんですよね。人のSNSを見るのはいいんですけど、僕自身は“誰にも言わずに黙々とやるべきことをやる”のが美しいと思う。だから、SNSで思っていることを世間に発信することが、自分の美学に反するような気がするんです」と持論を述べる。ストイックでブレない男のイメージがある、佐藤らしい考え方なのではないだろうか。

 佐藤をはじめ、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之といった若手実力派の豪華共演でも話題の『何者』。人によっては「自分の痛さを見ているようで居たたまれなくなる」と感じるほどの強烈な刺激と、生々しい青春が同時に味わえる作品だ。(取材・文:斉藤由紀子)

映画『何者』は全国公開中

関連記事(外部サイト)