映画『ジャスティス・リーグ』を手掛けるザック・スナイダー監督が、娘自殺で映画降板

記事まとめ

  • 映画『ジャスティス・リーグ』を手掛けるザック・スナイダー監督が降板すると明かした
  • 監督は3月に20歳の娘が自殺し、悲しみを癒すため、家族とすごすことを決意したという
  • 後任は、マーベル映画『アベンジャーズ』シリーズを手掛けたジョス・ウェドン氏が担当

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております