森川智之、沢城みゆき、中村悠一、鈴木達央ら人気声優『ザ・マミー』吹き替え版に集結!

森川智之、沢城みゆき、中村悠一、鈴木達央ら人気声優『ザ・マミー』吹き替え版に集結!

左上から時計回りに森川智之、沢城みゆき、山路和弘、鈴木達央、高岡瓶々、中村悠一 - (C) Universal Pictures

 トム・クルーズ主演『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(7月28日公開)の日本語吹き替え版に、森川智之、沢城みゆき、山路和弘、中村悠一、高岡瓶々、鈴木達央という豪華声優陣がそろうことが発表された。

 ユニバーサル・スタジオの往年のモンスター映画を次世代向けにリメイクする一大プロジェクト「ダーク・ユニバース」の第1弾作品である本作は、1932年製作の『ミイラ再生』を新たによみがえらせたアクションアドベンチャー。エジプトの地下深くに埋められていた王女が5000年の時を経て覚醒、人間たちに向けた想像を絶する復讐がはじまる。

 そんな話題作の日本語吹き替えキャストには豪華な顔ぶれが集結。主人公・ニックを長年トムの吹き替えを担当している森川、ニックと行動を共にする考古学者・ジェニー(アナベル・ウォーリス)を沢城、今後の「ダーク・ユニバース」の中核を担う存在であり、この物語のカギを握るジキル博士(ラッセル・クロウ)を山路、ニックの相棒・ヴェイル(ジェイク・ジョンソン)を中村、ニックとヴェイルの上官であるエリート軍人・グリーンウェイ大佐(コートニー・B・ヴァンス)を高岡、ジキル博士の右腕・マリク(マーワン・ケンザリ)を鈴木が担当する。

 「常にチャレンジ精神旺盛なトムですから、それに負けないように強い気持ちで収録しました」という森川。今作のトムは、これまでのイメージとは一味違い、暗殺能力もスパイ技術も持ち合わせていない。森川は“人間味”のあるキャラクターの演技に手応えを感じたとしつつ、「ただ、普通では終わりませんので、カッコ悪さとカッコ良さのギャップにトムの真骨頂が垣間見えると思います」とアピールしている。

 幼少期から大好きだというトム主演作への出演を喜ぶ中村は、「トム演じるニックの相棒役ですので、トムの隣に立っているような気持ちで挑ませていただきます」と期待をにじませる。ニックのような冒険心にあふれた相棒に付き合うか? という問いには、「自分ではなかなか選ばない道ですので、ニックのような行動力ある人物から声がかかったらきっとついて行くと思います。現地に着いたら絶対に後悔すると思いますが(笑)」と正直に明かした。(編集部・小山美咲)

関連記事(外部サイト)