満島ひかり、恋人・永山絢斗と初2ショット公の場で笑顔!

満島ひかり、恋人・永山絢斗と初2ショット公の場で笑顔!

初めて2ショットで登場した満島&永山

 交際が報じられている満島ひかりと永山絢斗が27日、都内で行われた映画『海辺の生と死』完成披露舞台あいさつに出席し、公の場で初のツーショットを披露した。2人は終始にこやかにトークをし、去り際に報道陣から交際を問う呼びかけもあったが、笑顔のまま舞台を後にした。

 「死の棘」で知られる小説家・島尾敏雄とその妻・島尾ミホをモデルに、戦時下の奄美大島・加計呂麻島で出会った男女の切ない恋を描く本作。島尾のモデルとなる朔中尉を永山が、ミホのモデルとなるトエを満島が熱演する。

 満島は沖縄育ちだが、祖母の出身が本作のロケ地となった奄美大島。「撮影の合間に泊まっていたホテルのロビーに知り合いが座っていたり、映画の撮影をしながらも、故郷に戻ったような不思議な気分でした。13歳で上京したんですが、故郷の生活をやり直している感じがありました」としみじみ撮影を振り返る。

 この日は、共演者である井之脇海、川瀬陽太、津嘉山正種、メガホンをとった越川道夫監督も登壇。前述のキャスト以外は、地元の人が出演者として起用されたといい、満島は「島の人たちのお芝居も素晴らしくて」と現地の人の演技力を絶賛。続けざま、「島の人から『(役として朔中尉が死んだら一緒に)死ぬの?』って聞かれて、『そういう話だね』って答えたら、『そんな男はやめなさい』と言われたりして……」と島の人たちとのやり取りをにこやかに紹介しつつ、「今のは、永山君のことじゃないですよ」と自らツッコミを入れて、会場をどよめかす一幕もあった。

 一方の永山は、実在の人物をモデルにした役を演じるのが初めてだったといい、「このお話を頂いてから小説を読んだりしたんですけど、現場に入ってから(島尾敏雄の)詩集を本屋さんで買いまくってよく浜辺で読んでいました。こういう文章を書く人間の顔になれるかなって」と不安があったことを明かすも、「この仕事をし始めて、まわりから耳にはしていたんですけど、実際自分がそういう(実在した人物を演じる)経験をしてみると、より深いところを掘り下げる努力というのはできるもんだなって思いました」と手応えも口にしていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『海辺の生と死』は7月29日よりテアトル新宿ほかで公開

関連記事(外部サイト)