モンスター級の痛男に振り回され… 佐々木希&志田未来ら“残念すぎる女”に

モンスター級の痛男に振り回され… 佐々木希&志田未来ら“残念すぎる女”に

追加キャスト&連ドラ化が発表 - (C) 「伊藤くん A to E」製作委員会

 岡田将生と木村文乃がW主演を務める映画『伊藤くん A to E』(2018年初春全国公開)の追加キャストが発表され、佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆が“無様で残念すぎる女”を演じることが明らかになった。

 本作は柚木麻子の同名恋愛小説を基に、容姿端麗だが自意識過剰で無神経すぎる男・伊藤誠二郎と、そんな彼を取り巻く女たちを描く作品。モンスター級の“痛男”伊藤を岡田、彼に振り回される“A〜D”4人の女たちの恋愛相談をネタに新作ドラマで再起を図る、売れなくなった脚本家“E”矢崎莉桜を木村が演じることが先日発表されていた。

 そして今回“A〜D”4人のキャスティングが明らかに。伊藤と5年間も一方的に付き合っていると信じ込み、尽くし続けるのに相手にしてもらえない女“A” 島原智美に佐々木。伊藤にストーカーまがいの好意を持たれることに対処できず、恋も夢も言い訳ばかりで一歩を踏み出せない女“B”野瀬修子に志田。

 愛されたいと願うあまりに誰も愛せず、親友が長年片思いしている伊藤を寝取ってしまう女“C”相田聡子に池田。その聡子の親友で、伊藤を好きになり処女をささげたいと願うも、それを理由にフラれて自暴自棄になる重たすぎる女“D”神保実希に夏帆がふんする。

 さらに映画の公開に先駆け、A〜D4人の女性たちが語る恋愛相談を2話ごとに描く深夜連続ドラマが8月15日よりTBS、8月20日よりMBSにて全8話で放送されることが決定。“E”矢崎莉桜役の木村が主演、映画でメガホンを取る『ストロボ・エッジ』などの廣木隆一監督が総監督を務め、映画だけでは描き切れない伊藤と女たちの切なく痛い恋愛模様を赤裸々に映し出す。

 佐々木は「私の演じる『Aの女・智美』は、伊藤くんに好かれたくて一生懸命なのですが、雑に扱われてしまう、かわいそうなキャラクターです」と自身の役柄を紹介。「ドラマの中で、2人の関係の進展を期待していたのに伊藤くんに雑に扱われるシーンがあるのですが、そのシーンを演じていたときは、智美として、悲しくて悲しくて涙が止まりませんでした。ドラマは【A〜E】の女性目線で描かれていますが、映画は『伊藤くん』目線のお話になります! 友達同士で観て、盛り上がって頂けると嬉しいです」とコメントした。

 また、彼女たちを取り巻く男性キャストも発表。莉桜(木村)のかつてのパートナーで、A〜D4人の恋愛相談をネタにしたドラマ企画をけしかけるプロデューサー・田村伸也役を田中圭、莉桜の大学の後輩で今や彼女の存在を脅かす売れっ子若手脚本家・クズケンこと久住健太郎役を中村倫也が務める。ドラマ版には、莉桜がかつて脚本を手掛けた伝説の大人気ドラマに出演する主演俳優・沖田役として山田裕貴も出演する。(編集部・中山雄一朗)

関連記事(外部サイト)