『ホビット』エイダン・ターナー、サム・エリオットと共演

『ホビット』エイダン・ターナー、サム・エリオットと共演

映画『ホビット』シリーズなどでおなじみのエイダン・ターナー - Anthony Harvey / Getty Images

 俳優エイダン・ターナーが、ヒトラーを殺したとされるアメリカ兵士がすでに退役し隠居生活を送っているところに、謎の生き物を仕留めてほしいと依頼が舞い込む映画『ザ・マン・フー・キルド・ヒトラー・アンド・ゼン・ザ・ビッグフット(原題) / The Man Who Killed Hitler And Then The Bigfoot』に出演するとDeadlineが報じた。

 主演の元兵士役は『ランナウェイ/逃亡者』『ドラフト・デイ』のサム・エリオットが務め、その兵士の若い頃を英テレビドラマ「風の勇士 ポルダーク」シリーズや映画『ホビット』シリーズなどで知られるエイダンが演じる。監督は、ロバート・クシコウスキ。(鯨岡孝子)

関連記事(外部サイト)