アンパンマン声優・戸田恵子&中尾隆聖、原作者やなせたかし氏の偉大さ語る

アンパンマン声優・戸田恵子&中尾隆聖、原作者やなせたかし氏の偉大さ語る

戸田恵子&中尾隆聖

 映画『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』初日舞台あいさつが1日、都内で行われ、アンパンマン役の戸田恵子、バイキンマン役の中尾隆聖、ゲスト声優の多部未華子、キャイ〜ン(天野ひろゆき、ウド鈴木)らが浴衣姿で出席。成長物語にちなみ「○○と出会って成長したエピソード」というトークに、戸田、中尾ともに原作者のやなせたかし氏を挙げると、戸田は「来年30周年を迎えるアンパンマン。作品から学ぶことも多いですが、舞台あいさつなどでいつも歌を披露したり、全力投球のやなせ先生から教わったことも非常に多かった」としみじみ語っていた。

 中尾は「子どもたちに読み聞かせしたいのでやなせ先生に絵本を借りにいったら、先生から『君がやりなさい、子どもたちに本物を聞かせあげなさい』っておっしゃったんです。そういう考えってすてきだなって思いました」とやなせ氏との思い出話を大切そうに振り返る。

 一方、多部は「人じゃないのですが……」と苦笑いを浮かべると「飼っている犬がいるのですが、わたしがいないと生きていけないところがあり、命の大切さなどを教えてもらっています」とかわいらしいエピソードを披露。天野は「出川哲朗さんですね。一緒にニューヨークに行ったのですが、英語がしゃべれないのにガンガン外国人に話しかける開拓精神に影響を受けています」と語っていた。

 またこの日は、登壇者全員で劇中に登場する「アンパンマン音頭〜よさこいソーランバージョン〜」を10人の園児たちと合唱。楽しそうに園児たちとコラボした多部は「みんなすごくすてきでした。隣でノリノリのウドさんも良かったです」と笑顔を見せた。

 本作は、人気アニメ「それいけ!アンパンマン」の劇場版第29弾。原作者の故・やなせたかし氏が残した絵本「やさしいライオン」の主人公をモチーフにしたライオンの男の子・ブルブルが、父親から託された宝探しの旅を、アンパンマンとその仲間たちと一緒に行っていく姿を描いた物語。ブルブルを多部が、ブルブルの父親を天野が、門番・いいかげんに城をウドが務める。(磯部正和)

映画『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』は公開中

関連記事(外部サイト)