ポケモン映画、エンディング主題歌も復活曲!林明日香が歌う「オラシオンのテーマ」

ポケモン映画、エンディング主題歌も復活曲!林明日香が歌う「オラシオンのテーマ」

懐かしのあの曲が装いあらたに

 2日、国民的アニメ「ポケットモンスター」の劇場版第20作映画『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』のエンディング主題歌を、林明日香が歌うことが発表された。彼女が歌うのは第10作『劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ』(2007)で使用された楽曲「オラシオンのテーマ」に新たに歌詞をつけた「オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜」。先日、同作のオープニング主題歌が初代テレビアニメのオープニング曲「めざせポケモンマスター -20th Anniversary-」に決定したことが話題となったが、エンディング曲もまた今までの「ポケモン」シリーズを思い起こさせるテイストとなった。

 もともと「オラシオンのテーマ」は、宮崎慎二作曲の歌詞がない、インストゥルメンタルの楽曲。『ディアルガVSパルキアVSダークライ』の劇中で重要な役割を果たした同曲が、今度は記念すべき20作目の映画を彩る楽曲として、Aqua Timezのボーカル太志によって新たに歌詞がつけられる。また追加されたメロディーの作曲と編曲はポルノグラフィティや平井堅などの楽曲をプロデュースしてきた本間昭光が手掛けている。

 そして歌う林は、2003年の『劇場版ポケットモンスター/アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ』で主題歌「小さきもの」を歌った歌手。『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』は、今では確固たる絆で結ばれている主人公サトシとピカチュウの初めての出会い、そして彼らが本当のパートナーになるまでの物語が描かれるが、「オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜」も今までの「ポケモン」の歴史からさまざまな要素をかき集め、再構築した曲となるようだ。(編集部・井本早紀)

映画『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』は7月15日より全国公開
林明日香「オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜」は7月15日より各音楽配信サイトで配信スタート 7月3日(金)プリオーダー開始(宮崎慎二「オラシオン」と林明日香「小さきもの」を合わせてパック配信

関連記事(外部サイト)