高杉真宙、“しなやかな裸体”を暴露されハニカミ

高杉真宙、“しなやかな裸体”を暴露されハニカミ

浴衣姿で登壇した高杉真宙

 俳優の高杉真宙が8日、都内で行われた映画『逆光の頃』初日舞台あいさつに登壇し、清水尋也から“しなやかな裸体”だと暴露された。この日は、葵わかな、金子大地、小林啓一監督も来場した。

 撮影中のエピソードを尋ねられた清水は、高杉と鴨川で戯れるシーンがとても寒く、撮影後に銭湯に行ったことを挙げると、「裸の付き合いを男臭い感じで(しました)」と回顧。そして、長い付き合いながら「真宙の裸を見るのは初めてだった」と明かすと、高杉の裸体について「一言で言えば、しなやか」と発表。会場からはファンの喜ぶ声も聞こえたが、まさかの発言に高杉は「(この話)大丈夫?」と可愛くはにかんでいた。

 また、本作ではエンドロールに高杉と金子の名前が「アクション監督」としてクレジットされていることがMCから伝えられると、金子はケンカシーンでのアクションについて、「リハーサルをしたんですけど意外とリハーサル通りに行かなくて、カメラに写る位置で二人で自由にやってみようとなって、ああいう風になりました」と説明。小林監督は「(僕が)ノープランだったから、(二人の演技は)良かったですよ」と褒め、クレジットに名前を載せることを提案したことを打ち明けた。

 本作は、異才のマンガ家・タナカカツキの名作の実写映画化。同級生との別れやケンカ、幼なじみの少女との初恋など、思春期ならではの経験をする高校生・赤田孝豊(高杉)。そんな一人の少年のゆらめきときらめきを、京都の街並みを背景に鮮やかに描き出す。

 高杉は、「クランクインからクランクアップまで2年くらいかかっているので、長い日を重ねて撮影されたものが公開されるのは嬉しい」と喜ぶと、「京都の町で楽しんでいた感覚があるので、皆さんもそれを少しでも映画を観て感じていただけたらと思いますし、この青春をお裾分けできたらなと思います」と心を込めた。(取材/錦怜那)

映画『逆光の頃』は新宿シネマカリテほか全国順次公開中

関連記事(外部サイト)