青春映画の傑作!『キングコング』監督のデビュー作、ついに日本ロードショー!

青春映画の傑作!『キングコング』監督のデビュー作、ついに日本ロードショー!

大人への階段を踏み出す!『キングス・オブ・サマー』

 今年大ヒットを記録した映画『キングコング:髑髏島の巨神』の新星ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督の長編デビュー作『キングス・オブ・サマー』が、8月19日からアップリンク渋谷にて公開されることが明らかになった。日本では過去に東京と京都で2回、イベント上映されたのみであり、今回が待望のロードショーとなる。

 ヴォート=ロバーツ監督の長編デビュー作である本作は、2013年のサンダンス映画祭でプレミア上映されると大絶賛。『スタンド・バイ・ミー』のような正統派カミング・オブ・エイジものの系譜を受け継ぎながら、大人への階段を踏み出すティーンたちの心情を類まれなビジュアルセンスで描き出した。ヴォート=ロバーツ監督はその手腕を高く評価され、超大作『キングコング:髑髏島の巨神』でメガホンを取ることになるのだった。

 高校生のジョー(ニック・ロビンソン)と親友のパトリック(ガブリエル・バッソ)は、ともに親への不満から家出を計画。二人は一風変わった少年ビアジオ(モイセス・アリアス)と一緒に、森に隠れ家を作って自立した生活を目指す。しかし、そこにジョーが想いを寄せるクラスメイトのケリー(エリン・モリアーティ)がやってきて、少年たちの友情に亀裂が生じはじめ……。

 主演は『ジュラシック・ワールド』『フィフス・ウェイブ』などの人気若手俳優ニック・ロビンソン。脇を固めるのは、『ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー』『エンダーのゲーム』のモイセス・アリアス、『はじまりへの旅』などのエリン・モリアーティ。少年たちがつくりあげる、森のなかの秘密基地を中心に展開する本作に期待が高まる。(編集部・石神恵美子)

映画『キングス・オブ・サマー』は8月19日よりアップリンク渋谷にて公開

関連記事(外部サイト)