侵略者は他にもいた…黒沢清監督『散歩する侵略者』夏帆、染谷将太、東出昌大でスピンオフドラマに!

侵略者は他にもいた…黒沢清監督『散歩する侵略者』夏帆、染谷将太、東出昌大でスピンオフドラマに!

「予兆 散歩する侵略者」に主演する染谷将太、東出昌大、夏帆 - (C)2017「散歩する侵略者」スピンオフ プロジェクト パートナーズ

 黒沢清監督の映画『散歩する侵略者』(9月9日公開)のスピンオフドラマ「予兆 散歩する侵略者」がWOWOWで放送&配信されることが明らかになった。

 『散歩する侵略者』は、劇作家・演出家の前川知大が結成した劇団イキウメの舞台を映画化したエンターテインメント作。数日ぶりに妻(長澤まさみ)のもとへと戻ってくるも概念を奪う「侵略者」に体を乗っ取られていた夫(松田龍平)、そしてもう二人の「侵略者」(高杉真宙、恒松祐里)に独占取材を申し込むジャーナリスト(長谷川博己)の姿を追う。今回のスピンオフドラマは、そのアナザーストーリーを新たな設定、夏帆、染谷将太、東出昌大という豪華キャストで制作したものだ。

 物語は、山際悦子(夏帆)が同僚のみゆきから「家に幽霊がいる」と告白されるところからスタート。みゆきの自宅へ行くとそこには父親がいるだけで、彼女の精神状態を心配した悦子は、夫・辰雄(染谷)の勤める病院へみゆきを連れていく。診察の結果、みゆきからは「家族」という概念が欠落していることが判明。その一方、新任の外科医・真壁司郎(東出)と常に行動を共にするようになった辰雄が精神的に追い詰められていく様子に、悦子は得体の知れない不安を抱くように。そんなある日、悦子は病院で辰雄と一緒にいた真壁から「地球を侵略しに来た」と告げられて……。

 映画版に続いてメガホンを取った黒沢監督は「映画版をサポートするためにささやかに企画されたものでしたが、主演三人の神がかった熱演もあって、予想外に獰猛な作品に仕上がりました。本篇が進行するすぐとなりでこんなことが起こっていようとは誰が想像できたでしょう。前川知大の『散歩する侵略者』は、こうなる可能性も秘めていたのです」とその仕上がりに自信をのぞかせている。脚本は、黒沢監督と『リング』シリーズの高橋洋が執筆した。(編集部・市川遥)

スピンオフドラマ「予兆 散歩する侵略者」は9月7日深夜0時よりWOWOWメンバーズオンデマンドで先行配信開始 9月18日よりWOWOWプライムにて放送スタート 毎週月曜深夜0時〜全5話(第1話無料放送)

関連記事(外部サイト)