菅田将暉「エロいなと思った」広瀬すず演じるヒロインにドキドキ

菅田将暉「エロいなと思った」広瀬すず演じるヒロインにドキドキ

菅田将暉「エロいなと思った」

 菅田将暉が11日、声優を務めるアニメーション映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の都内で行われた製作報告会見に出席し、広瀬すず演じるヒロインを「エロイなと思った」とぶっちゃけて会場の笑いをさらった。会見には、同じく声のキャストの宮野真守、松たか子、原作者の岩井俊二、川村元気プロデューサーも出席した。

 本作は、岩井の傑作ドラマを、『モテキ』『バクマン。』の大根仁が脚本、『魔法少女まどか☆マギカ』シリーズの新房昭之が総監督を務めてアニメーション映画化したファンタジックラブストーリー。とある海辺の町を舞台に、中学生のなずな(広瀬)と彼女に思いを寄せる典道(菅田)の繰り返される夏の1日が描かれる。

 『バケモノの子』以来2度目の声優業は、楽しくもあり緊張もあったと話す広瀬は、「なずなちゃんが色っぽいなという印象があり、そういう役が初めてというのもあって、一人でソワソワしてました」とはにかむ。宮野も同意見のようで「初めてなずなのビジュアルをいろいろ見た時に、こんなにセクシーだったんだと思いました。そういうシーンが目白押しなので皆さんお楽しみに」とアピールした。

 すると菅田も「久しぶりにドキドキしたというか。“色っぽい”という声がさっきからあるんですけど、僕はどちらかというと“エロい”なと思っていた」と告白。そして、「中学生の時期の男の子が幼稚で、女の子が大人びている感じが、まんまやれたなと思います」と充実した表情をのぞかせると、広瀬もセクシーぶりをほめられて「良かったです」と笑顔を見せた。

 そんな中、『アナと雪の女王』のエルサ役で圧巻の声を披露して話題となり、本作ではなずなの母親役を担当する松は、「わたしの台詞の8割は『なずな』なので、ここにいることが申し訳ない」と恐縮気味。しかし、「『なずな』という言葉から、こんな母親から逃げたかったんだろうなと思ってもらえたら」と呼び声だけで勝負する気概も示し、期待をあおった。

 この日は、本作が完成前にしてすでに世界110の国と地域で公開されることが決定したことも発表された。(取材/錦怜那)

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は8月18日より全国公開

関連記事(外部サイト)