パイルダーオンンンン!!『劇場版マジンガーZ(仮題)』日本公開は来年1月に決定!

パイルダーオンンンン!!『劇場版マジンガーZ(仮題)』日本公開は来年1月に決定!

パイルダーオオオオンンンン!! - 新ポスタービジュアル - (C)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会

 永井豪原作の巨大ロボットアニメを誕生から45年の時を経て復活させる『劇場版マジンガーZ(仮題)』の日本公開日が2018年1月13日に決定。併せて新ビジュアルも公開された。

 「マジンガーZ」とは、1972年に永井によって「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された漫画作品。搭乗型巨大ロボットの祖となる作品で爆発的な人気を博し、国内のみならずアジア、ヨーロッパ各地で多数のファンを獲得した。劇場版は、兜甲児が操るマジンガーZが悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国から平和を取り戻してから10年後の物語。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜は、富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する。

 今回披露された新ビジュアルは、「ホバーパイルダー」(操縦席)がマジンガーZの頭部にめがけてまさに“パイルダーオン”(ドッキング)する瞬間。再びマジンガーZの起動のときが迫っていることを感じさせる一枚となっている。

 また7月15日から、『劇場版マジンガーZ(仮題)』の公開を記念して、巨大マジンガーZを有志の手によって実体化させるクラウドファンディングプロジェクトが実施されることが決定。「僕らの夢、みんなで創ろう!超巨大マジンガーZプロジェクト」の公式ページは15日12時に立ち上がるという。なお巨大マジンガーZ完成の暁には、主要劇場・イベントなどに登場させる予定だとのこと。(編集部・井本早紀)

関連記事(外部サイト)