清水富美加、映画復帰!千眼美子として出家後初映画

千眼美子こと清水富美加が幸福の科学出版『さらば青春、されど青春。』で映画復帰

記事まとめ

  • 幸福の科学・千眼美子として神のために生きることを宣言した清水富美加が映画復帰する
  • 幸福の科学出版による『さらば青春、されど青春。』は千眼と大川宏洋がダブル主演
  • 千眼は映画主題歌も担当、本作は大川隆法総裁の製作総指揮による12作目の映画

清水富美加、映画復帰!千眼美子として出家後初映画

清水富美加、映画復帰!千眼美子として出家後初映画

映画復帰へ(2016年5月撮影)

 宗教団体「幸福の科学」に出家し、法名「千眼美子(せんげんよしこ)」として神のために生きることを宣言した女優の清水富美加(以下、千眼)が、来年初夏に公開予定の幸福の科学出版による映画『さらば青春、されど青春。』で映画復帰を果たすことが12日、明らかになった。製作総指揮は同団体の総裁である大川隆法で、千眼と大川宏洋がダブル主演。千眼は映画主題歌「眠れぬ夜を超えて」も担当する。

 千眼が所属する事務所アリ・プロダクションの発表によると、本作は大川の製作総指揮による12作目の映画。千眼の相手役となる大川宏洋は今年5月に公開された幸福の科学出版のミステリー映画『君のまなざし』にも出演しており、同作では総合プロデューサーと脚本も担っていた。俳優として活躍するだけでなく、芸能事務所ニュースター・プロダクション株式会社の代表も務めている。

 「清水富美加」として『HK/変態仮面』シリーズや『東京喰種 トーキョーグール』など数多くの映画に出演してきた千眼だが、「千眼美子」としては『さらば青春、されど青春。』が初映画。ストーリーの詳細は明らかにされていないが、「誰も描けなかった青春と恋の物語」と発表されている。監督はテレビドラマ「教師びんびん物語」などの演出を手がけ、『君のまなざし』のメガホンも取った赤羽博。ニュースター・プロダクションとアリ・プロダクションの共同製作となる。(編集部・海江田宗)

関連記事(外部サイト)