本田翼、実写『ハガレン』に「言葉が出ない」 ヒロイン役の不安と喜び

本田翼、実写『ハガレン』に「言葉が出ない」 ヒロイン役の不安と喜び

本田翼

 女優の本田翼が12日、新宿ピカデリーで行われた荒川弘の人気コミックを実写映画化した『鋼の錬金術師』のファンイベントに本郷奏多、佐藤隆太、曽利文彦監督と共に出席。以前から「ハガレン」ファンを公言していた本田は、ウィンリィ役としてオファーがあった際には「うれしさと不安が交じり合って言葉が出なかった」と心情を明かした。

 本田は「連載が開始された当初から読んでいた大ファンの作品なんです」と熱い思いを語っていたが、この日、会場に集まった熱狂的なファンの前で本田演じるウィンリィのキャラクタービジュアルがスクリーンに映し出されると「リアクションがスーッとなりませんでしたか? 大丈夫かな」とやや疑心暗鬼に。しかし、その後、会場から大きな拍手が巻き起こると安堵の表情を浮かべていた。

 また、過去の実写化作品でもファンの支持を得ることが多かった本郷は、エンヴィー役として本作に参加。中性的なビジュアルが公開されると会場からは大きな歓声が上がった。本郷は「ありがとうございます」とはにかむと、「性別のない役柄だったので、どうやってビジュアルを作ろうかと曽利監督と相談して作っていきました」と語っていた。

 この日は、原作者の荒川から「ファンのみなさまには新たなものが見られるという楽しみ、そして映画館という大きなスクリーンで見られる楽しみ、映画館で一緒に見られる楽しみを体験してもらいたいです」とメッセージが届き、さらに公開時の入場者特典として描き下ろしの特別編コミックがプレゼントされることが発表されると、曽利監督は「公開が12月なのにこの時期から応援してくださって、本当にありがたいです。いま作品の仕上げに差し掛かっていますが、気合入れてがんばりたいと思います」と誓っていた。(磯部正和)

映画『鋼の錬金術師』は12月1日より全国公開

関連記事(外部サイト)