『ポケモン』映画、なぜ20作目で“原点”描いた?監督の答え

『ポケモン』映画、なぜ20作目で“原点”描いた?監督の答え

ポケモンたちと湯山邦彦監督

 昨年12月にポケモン映画20作目『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』の内容が発表されたときに、テレビアニメ第1話を想起させるビジュアルにポケモンファンは沸いた。なぜ同作で、20年前のテレビアニメ第1話で描かれたサトシとピカチュウの出会いという“原点”が描かれたのか。1998年に公開されたポケモン映画の第1作から、監督を務め続けてきた湯山邦彦が明かした。(取材・文:編集部・井本早紀)

■20周年作品として

−なぜサトシとピカチュウの出会いをあらためて描こうと思ったのでしょう?

 まずはやはり、20周年ということがありました。映画の制作がスタートしたときにはいつも通り、テレビアニメ「ポケットモンスター サン&ムーン」の劇場版第1弾として考えていたんです。ですが20周年作品として、昔のファンから今のファンまで、みんなが楽しめるような作品がいいのではないかと思い、いったん白紙に戻して根本的なところから考え直したんです。

 そのときに「テレビアニメ『ポケットモンスター』はサトシとピカチュウが出会ったことから、全てがスタートしている」と気付き。では、この劇場版から初めて入る人もわかるように、サトシとピカチュウの出会いから始めてみようと。今までの映画の中ではできなかった、新しい旅の仲間との出会いと別れ、ポケモンをゲットして育てて、進化させるというポケモン本来の楽しみ方も、20周年という枠の中で描けるのではないかと、今作に着手したんです。

−ソウジとマコトといった新たなキャラクターとの出会いもありますね。

 実は20周年ということで、(以前テレビアニメで活躍していた)タケシやカスミが登場するというアイデアもありました。ただ劇場版で登場させると、初めて観る人に彼らの説明が必要になる。ですが、この劇場版でタケシやカスミと初めて出会うとなれば、テレビシリーズとは違う出会いになり、皆さんが知っているタケシとカスミではなくなってしまう……。そして劇場版の上映時間の関係もある。

 いろいろなことを考えた中で、この作品を成立させるのはやはりサトシとピカチュウの出会いではないかと。なのでテレビアニメ第1話で描かれた最初の「出会い」のところから、新しい作品を作ろうと思いました。テレビアニメ第1話のラストで出会ったホウオウに会いに行く話を軸にして、パラレルな要素も交えて話を展開させようと思い、今回の形になったんです。ポジション的には元気な女の子とすごくポケモンの知識がある男の子と、(カスミとタケシに)ちょっと似ています。

−劇場版は新作ゲームに登場する幻のポケモンがメインになる印象が強いですが、今回のメインはまさにホウオウとピカチュウですよね。

 今までもサトシとピカチュウの話を描くこともあったのですが、メインはその回のメインの伝説・幻のポケモンとサトシとの関係となっていたので。ここまでサトシとピカチュウの関係性をメインにしたものはないと思います。

■主人公・サトシを等身大の少年にしたかった

−キャラクターデザインも「サン&ムーン」ではなく、以前までのテレビシリーズをほうふつさせます。

 そうですね。赤・緑(無印)時代に戻るというか。サトシのデザインも(ゲーム公式イラストを担当しているアートディレクターの)杉森建さんにお願いをして。いわゆる「XY&Z」までのサトシと最初の彼のイメージから、今回用に起こしたデザインになっているんです。一見赤・緑風なんですけれども、実際に比べてみると違うんですよね。昔のサトシは、襟が大きかったり、シャツインしていたりしています(笑)。

−サトシは10歳という設定ですが、やはりシリーズを重ねるごとに成長しているというイメージがあったので、今回は子供らしく“戻った”と感じた部分もありました。

 “最初”を描くということもありましたが、XYのサトシはわりとヒーローとして描いていたんです。なので、今回は本当に10歳の等身大の男の子として、サトシを描きたかった。そこは大きかったですね。負けた時に悪態をついてしまったり、ちょっと心にもないことを言ってしまったり……テレビシリーズでもなかなかできないのですが、今作ではサトシの弱い部分というところを初めて表現できて。それによってサトシの成長がより色濃く表現できたのではないかなと思います。すごく新鮮でしたね。等身大のサトシとピカチュウが、ゼロから成長していく過程が表現できました。

−ピカチュウ以外にも、懐かしいポケモンにスポットを当てたエピソードもありますよね。そして彼らとも感動の出会いと別れがある。

 ポケモンは育てて進化させてできるようになることがあれば、できなくなったりすることもあるのが面白いし、そこが大きな要素だと思うんです。ある種生き物なので、別れも存在するはず。それでテレビシリーズで印象的だったエピソードをいくつか持ってきました。劇場版だと、テレビシリーズのことも考慮して、ポケモンを新たにゲットしたり、別れたりすることがなかなかできないんですね。その今まで映画ではできなかった、完結するサトシとポケモンたちの関係を今回は描くことができました。

−確かにテレビアニメをなぞる……というよりも新しく「出会い」を描いた劇場版という印象を受けました。

 今までのポケモンのいいところを集めて、凝縮したかったというところはあります。ただ初めて観た人は初めてだろうし、今まで観てきた人にとっては懐かしいと同時に新しいと感じていただければと思いましたね。今回のテーマには「refine(精製)」というものがあります。20年間重ねてきたものを精製して、凝縮したものにしたいなという思いがありました。

−まさに20年前、ポケモンマスターを夢見たファンの方にとってもうれしい一作になっていますよね。

 20周年ということで、10歳だった子も30歳になりました。だからこそ、本当に今まで感謝の気持ちを込めて幅広い方々が観に来られる作品になれればいいなという思いがありました。ポケモンを好きだった人、今はちょっと離れている人も、どうしてみんなポケモンが好きだったんだろうということを、この映画で再確認してもらえるとうれしいなと思います。一番初めに「ポケモン」を観た時に自分の中で反応した何かを、この映画で再発見していただければなと思います。

湯山邦彦 監督

1952年生まれ。テレビアニメ「銀河鉄道999」(1978〜)で演出家デビューを果たし、アニメ「タイムボカンシリーズ」や「魔法のプリンセス ミンキーモモ」なども手掛けた。1997年には代表作の一つであるテレビアニメ「ポケットモンスター」シリーズ(総監督)がスタート。1998年公開の『劇場版ポケットモンスター/ミュウツーの逆襲』から、最新作『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』までの劇場版の監督も務めている。

関連記事(外部サイト)