ディズニー『モアナ』2週連続首位!『トリプルX』続編も2週連続2位に【週間レンタルランキング】

ディズニー『モアナ』2週連続首位!『トリプルX』続編も2週連続2位に【週間レンタルランキング】

『モアナ』2週連続首位! - (C) 2016 Disney. All Rights Reserved.

 7月17日付のTSUTAYAレンタルDVD/ブルーレイランキングはディズニーアニメーションの新作『モアナと伝説の海』が2週連続で首位を獲得した。

 日本語吹き替え版の主人公モアナ役の選出にあたっては、大規模なオーディションが実施され、大学生の屋比久知奈(やびくともな)が選ばれた。主題歌「どこまでも 〜How Far I’ll Go」などをエモーショナルに歌い上げている。モアナと一緒に冒険の旅に出る伝説の英雄マウイを尾上松也、モアナを見守るタラおばあちゃんを夏木マリ、海底のモンスター・タマトアをROLLYが担当し、それぞれ歌を披露している。特にマウイはモアナとの掛け合いやノリの良い歌、タトゥーが体を自由に動き回るなどコミカルなシーンも楽しみたい。

 4位は先週からワンランクダウンの『キセキ −あの日のソビト−』。医者で厳格な父親の下を飛び出してバンドを続ける兄ジン(松坂桃李)はメジャーデビューを果たすものの、音楽性の違いからバンドは解散状態に。一方、弟ヒデ(菅田将暉)は歯科大に入り、仲間とボーカルグループを結成。ジンは曲作りを手伝うことになる。ヒデの才能を知ったジンは、父親に知られないように顔を出さずにデビューすることを提案する。松坂と菅田はそれぞれ劇中で歌声を披露している。

 5位は先週と同じく『海賊とよばれた男』。岡田准一ふんする主人公・国岡鐡造は出光興産の創業者である出光佐三氏をモデルにしたといわれる。主要な原料がまだ石炭だった時代、石油の将来性を予見した鐡造は石油会社・国岡商店を興し、既得権益がはびこる石油業界で販路を拡大。「海賊」と呼ばれる。戦後の混乱期も従業員を守るために奮闘し、ついには世界を相手に戦うことになる。

今週のランキングは以下の通り(カッコ内は先週の順位)
1位『モアナと伝説の海』(1位)
2位『トリプルX:再起動』(2位)
3位『アサシン クリード』(4位)
4位『キセキ −あの日のソビト−』(3位)
5位『海賊とよばれた男』(5位)
6位『土竜の唄 香港狂騒曲』(6位)
7位『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(7位)
8位『ドクター・ストレンジ』(8位)
9位『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』(10位)
10位『新宿スワンII』(11位)

 今週は19日に『キングコング:髑髏島の巨神』がレンタル開始となる。『モアナと伝説の海』が3週連続首位獲得なるかに注目したい。(取材・文:相良智弘)

関連記事(外部サイト)