間宮祥太朗、“仮面ライダー俳優”説をキッパリ否定!

間宮祥太朗、“仮面ライダー俳優”説をキッパリ否定!

間宮祥太朗「戦隊モノも仮面ライダーも出てないよ!」

 俳優の間宮祥太朗が22日、都内で行われた『劇場版 お前はまだグンマを知らない』の全国公開を記念した初日舞台あいさつに登壇、その風貌からか、仮面ライダーシリーズに出演する、いわゆる“ライダー俳優”に間違われることが多い間宮は、この日、赤いシャツを着て現れると、ファンから「ライダーみたい」の声を受け「戦隊モノも仮面ライダーも出てないよ!」とキッパリ否定し笑いをさらった。

 本作は、群馬県の“あるある”を圧倒的熱量で描いた井田ヒロトの同名漫画を原作にした、おバカなご当地青春ラブストーリー。転校生の神月(間宮)が「海がない」とグンマを小バカにしたことから巻き起こるドタバタ劇を、学校一の美少女との恋の行方を交えながら描く。

 イベントには、吉村界人、馬場ふみか、入江甚儀、加治将樹、ロバートの山本博、水野格監督も登場し、撮影エピソードを披露。吉村は「山の中での撮影で、股間を出して電球をつけるところが、普段あまりそういうことやらないので緊張しましたね」と照れ笑いしながら話していた。

 また、群馬あるあるの一つとして、入江が「クラスで号令をかける時に『起立・礼・着席』ではなくて、起立と礼の間に“注目”というワードが入っているのがびっくりしました」と紹介すると、全員でその一連の動きを実践することに。起立後、先生(注目する相手)から一度視線や体の向きを外し、「注目」の号令で勢いよく先生に向き直らなければいけないらしく、手本を見せる間宮の動きは、まるで仮面ライダーが変身する時のダイナミックなアクションのよう。その後、会場全体で行うことになると、間宮は遠慮がちな観客に「もっとイケる!」と呼びかけ、「礼」のあとに「ありがとうございました」と感謝の言葉を送り、イベントを締めくくった。(取材:錦怜那)

『劇場版 お前はまだグンマを知らない』は全国公開中

関連記事(外部サイト)