韓国キム・ギドク監督、台本にないベッドシーン強要や暴行疑惑 女優が告訴

記事まとめ

  • 韓国の映画監督キム・ギドク氏が撮影中に暴力的行為をふるったとして女優に告訴された
  • 女優のAさんは台本になかったベッドシーン撮影も強要したと主張しているとのこと
  • ギドク監督は2012年に『嘆きのピエタ』でベネチア国際映画祭の金獅子賞を受賞した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております