オードリー・ヘプバーンの写真展が開催!永遠の妖精の魅力に迫る

オードリー・ヘプバーンの写真展が開催!永遠の妖精の魅力に迫る

今もなお輝き続けるオードリー・ヘプバーンの魅力 - (C) Mark Shaw

 20世紀を代表する女優オードリー・ヘプバーンの写真展「『オードリー・ヘプバーン』〜今よみがえる、永遠(とわ)の妖精〜」が、9月13日より大丸京都店ほかで順次開催される。

 『ローマの休日』『ティファニーで朝食を』といった数多くの名作を世に残しただけでなく、ファッションアイコンとしても今なお世界中の人々を魅了するオードリー。同展では、「ファッション編」の120点(会場:大丸京都店)、「映画編」の120点(会場:大丸心斎橋店)という二つの構成によって合計240点の作品を紹介する。

 写真展では、若き日の彼女を多く撮影したといわれる夭折の写真家マーク・ショーの作品を中心に、一流の写真家による傑作写真からプライベート写真まで、貴重な作品群を通してその全貌に迫っている。なお、プライベートな写真は映画編の一部として大丸心斎橋店で展示され、その後は松坂屋名古屋店、大丸札幌店で紹介される。会場ではオリジナルグッズの販売もあり。(編集部・吉田唯)

<概要>
■入場料:一般1,000円、中高大生800円、小学生以下無料
■開催店舗
・大丸京都店:9月13日〜25日
・大丸心斎橋店:9月20日〜10月2日
・松坂屋名古屋店:10月18日〜11月6日
・大丸札幌店:2018年3月 ※開催日未定
(※松坂屋名古屋店・大丸札幌店は240点の中からの抜粋版)

関連記事(外部サイト)