山崎賢人、『ジョジョ』で見せる新たな自分

山崎賢人、『ジョジョ』で見せる新たな自分

新たな山崎賢人を目撃せよっ! - 写真:日吉永遠

 昨年9月の実写映画化発表会見時から常に多くの反響が寄せられてきた映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』で、主人公・東方仗助としてプレッシャーと闘ってきた山崎賢人が、キャスティング発表当時を振り返り、本作に挑むことになった率直な心境を語った。

 「自分にも『ジョジョだからな……』という気持ちがあって。その時はまだ『よっしゃ! 行ってやるぜ!!』という気持ちにはなれなかったんです。批判されそうだなと。やはり撮影をするまでは何もないそのままの自分の状態なので。その状態で臨むということは異様な体験のように感じられました」と正直な気持ちを明かした。

 その緊張しきっていた彼の背中を押したのは、同じ事務所でアンジェロ役の山田孝之の言葉だったという。「山田さんが背中をたたいて、“俺でいう『クローズZERO』のような作品になるから。頑張れ”と言ってくれて。もうかっこいいな」と。そして仗助に向き合い続けた彼は、撮影初日に衣装に身を包んだ時にあらためて「やるぞ!」と気合が入ったという。

 この作品を通して成長した部分について、山崎は「全部です」と断言。「アクションやCGもあるこんなにも大きな作品は初めてだったので、どう切り込み、どう向き合っていけばいいのかということを学びました。そして同世代で頑張っている方や先輩方とご一緒できて、本当に刺激をいただきました」と周りへの感謝の思いと共に言葉を続けていく。「本当に大きな作品で。今までの自分とは違うイメージを見せられた作品になったとも思います」と語った。

 さらに、「長年愛されている『ジョジョ』という作品に関わることができて、自分も何かを残すことができる俳優になりたいと思いました」と熱く語る。今では原作漫画を自分で買い集めるほどのファンぶりを見せている山崎だからこそ、思うところがあったよう。「『ジョジョ』では誰が演じようと、いろんな声が出てくると思います。自分もほかの原作モノの作品で、さまざまな声を頂戴しています。でもこんなに面白いことってないと思うんです」と述べつつ、「本当に自分の役者人生にとって大きな財産になりました」と語る山崎の顔は晴れやかだった。(編集部・井本早紀)

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は全国公開中

関連記事(外部サイト)