佐々木希、メロメロ!かわいすぎる愛犬に“親バカ”な一面も

佐々木希、メロメロ!かわいすぎる愛犬に“親バカ”な一面も

どっちもかわいい!

 女優の佐々木希が19日、都内で行われた映画『僕のワンダフル・ライフ』のイベントに愛犬であるチワワのマロンと共に出席した。肉球型のランウェイを一緒に歩いて登場し、無事ステージに到着すると佐々木は「ちゃんと歩けるか心配しましたけど、堂々と歩けて良かったです」とマロンを抱っこしながら笑顔を見せた。

 飼い主と愛犬の絆を描いた本作にちなみ、この日は愛犬のマロンと登場した佐々木。ステージ上で抱っこをすると「一緒に(イベントに)出るのが幸せです」とメロメロで、「毎日毎日かわいさが増します。日々成長がかわいくて、昨日よりも今日がかわいい感じですかね」と親バカぶりも披露。

 愛犬との生活は「日々の癒しです。仕事をする上でも原動力になっているところがあるので、すごく愛しいです」と語り、マロンとの出会いについては「七夕に初めて会った時にビビッときて、そこから急いでお金を下ろしに行ったくらい衝動的というか。何も考えずに走っていました。運命でしたね」と一目ぼれだったという。

 イベントにはアンバサダーならぬ“ワンバサダー”を務めたゴールデンレトリバーのゼウスほか、数匹のわんちゃん&猫ちゃんも登場し会場をほっこりとした雰囲気に。最後に映画について佐々木は「犬を飼っている方は絶対観た方がいいと思います。とてもあたたかい気持ちで涙が出てきますし、今一緒にいるわんちゃんをもっと大事にしようと思うと思います。ペットを飼っていない方も絶対飼いたくなるあたたかい映画ですし、お子さんと一緒に観ても動物の大切さを学べるすてきな泣ける映画になっていると思います」とアピールした。

 本作はW・ブルース・キャメロンのベストセラー小説を『HACHI 約束の犬』などのラッセ・ハルストレム監督が映像化したドラマ。少年に命を救われたゴールデンレトリバーの子犬ベイリーが、転生を繰り返しながら自分の使命に気付く物語が描かれる。(取材・文:中村好伸)

映画『僕のワンダフル・ライフ』は9月29日より全国公開

関連記事(外部サイト)