35歳・綾野剛「学園モノをやってみたい」秘めたる願い明かす

35歳・綾野剛「学園モノをやってみたい」秘めたる願い明かす

学園モノやってみたいな…… - 綾野剛

 俳優の綾野剛(35)が21日、都内で行われた映画『亜人』公開直前イベントに佐藤健(28)と出席し、「学園モノをやってみたい」と秘めたる願いを吐露した。

 桜井画門の人気コミックを実写映画化した本作は、絶命しても完全復活を遂げる新人類“亜人”の圭(佐藤)と、同じく亜人で人類に牙をむく最凶テロリスト・佐藤(綾野)との未来をかけた壮絶バトルを描いた新感覚アクション大作。

 ストーリーにちなんだゲームが行われる中、「人生をリセットしたいか、したくないか?」という質問を投げられた綾野は、「もうちょっと今の人生を生きてもいいかな。あと5年くらいでやり直してもいい」と返答。さらに、俳優デビューが20歳を過ぎていたこともあり、「この知識のまま10代に戻って、学園モノをやってみたい。群像(劇)をやったことがないので、1回はやってみたい」と内に秘めた願望も告白した。

 そんな綾野に「まだいけるんじゃない?」と茶化しながらも、「1回もないのはかわいそうな気がする」と同情する佐藤。自身は、「(今の人生は)30代くらいまではやってみたい」と語ると、「リセットしたら違うことをやりたい」と役者とは違う人生に興味があることを示していた。

 その後、バラバラになった自分の顔を組み立てるボックス型パズルに挑戦することになり、ゲーム好きで知られる佐藤は「目にも止まらぬ早さで完成させたいと思います」と勝利宣言。一方の綾野は「頑張ります」と控えめに意気込み、バトルがはじまった。すると意外にも綾野の方が順調で、佐藤は綾野からボックスを強奪したり、向きを変えたりと、妨害作戦を決行。それに対して綾野は「たけちゃん、それダメ」と大慌ててで、二人のおちゃめな姿に会場には黄色い歓声が飛び交った。その中で勝利したのは、イタズラっ子の佐藤。佐藤がこっそりボックスの向きを変えていたことを見抜けなかった綾野は、「公式の場で自分の天然を発揮するとは……」と肩を落とすも、その姿さえ愛らしく、ファンは「カワイイ〜」と喜んでいた。(取材:錦怜那)

映画『亜人』は9月30日より全国公開

関連記事(外部サイト)