『ターミネーター』サラ・コナー女優リンダ・ハミルトンがシリーズ復帰!

『ターミネーター』サラ・コナー女優リンダ・ハミルトンがシリーズ復帰!

『ターミネーター2』のサラ・コナー(リンダ・ハミルトン) - TriStar Pictures / Photofest / Getty Images

 ジェームズ・キャメロンが企画する『ターミネーター』シリーズの新作映画に、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトン(60)が復帰すると The Hollywood Reporter が報じた。同作には、ターミネーターことT-800を演じたアーノルド・シュワルツェネッガーも出演する予定だ。

 サラ・コナーは未来の軍事システム「スカイネット」が命を狙う、人類反乱軍のリーダー、ジョン・コナーの母親。1作目ではスカイネットが送り込んだ殺人機械ターミネーターから逃げ惑うだけだったが、続編の『ターミネーター2』(1991)で見せた、息子を守るために戦う勇ましい姿は、後の女性主人公像に大きな影響を与えた。自身のイベントでリンダの復帰を明かしたキャメロン監督は、「50代や60代の男たちが悪人どもを殺している。でも、女性の見本とはならないよね」と語ったという。

 新作は、キャメロンと破天荒ヒーロー映画『デッドプール』のティム・ミラー監督と共に制作を進める予定で、『バットマン ビギンズ』などのデヴィッド・S・ゴイヤーらが脚本を手掛ける。物語は一切明らかになっていないが、The Hollywood Reporterによると、3部作構想が練られており、『ターミネーター2』の直接的な続編になるという。

 『ターミネーター』は1984年に1作目が発表され、2009年までに4本の続編が製作された。2015年には、これまでの物語を全てリセットした新3部作の第1弾として『ターミネーター:新起動/ジェニシス』が公開されたが、アメリカ国内では批評・興行共に不振に終わり、続編の製作が無期限で延期になったと報じられた。『ターミネーター2』から25年以上を経た、生みの親による続編によって、ようやく物語は本当の完結を迎えることになるかもしれない。(編集部・入倉功一)

関連記事(外部サイト)