ハリソン・フォード9年ぶり来日決定!ブレードランナーとしては35年ぶり!

ハリソン・フォード9年ぶり来日決定!ブレードランナーとしては35年ぶり!

ハリソン・フォードが日本にやってくるーー!!

 SF映画の傑作『ブレードランナー』の続編『ブレードランナー 2049』を引っ提げ、ハリウッドきっての大スター、ハリソン・フォードが9年ぶりに来日することが決定した。ブレードランナー“デッカード”としては実に35年ぶりの来日となる。

 前作『ブレードランナー』で過酷な宇宙開拓から逃亡して人間社会に紛れ込んだ人造人間“レプリカント”を追う専門捜査官“ブレードランナー”の一員、デッカードを熱演したハリソン。1982年に初めてブレードランナーとして来日した際は、『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』(1980)、『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981)と、ハリソンが大ヒット作に立て続けに出演した直後のタイミングとあって、日本中が熱狂した。

 以降も数々の作品に出演を続け、御年75歳の今もなお、ハリウッドの第一線で活躍を続けるさまは、まさに生きるレジェンドだ。一昨年には、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で約30年ぶりにハン・ソロを演じたハリソンに、来日の期待も高まったが、残念ながら実現せず。そして今回、待望の来日が“ブレードランナー”で果たされることとなった。ハリソンのほかにも、“世界で最も美しい顔100人”の常連であるキューバ出身の女優アナ・デ・アルマス、モデル出身のオランダ人女優シルヴィア・フークス、『メッセージ』以来約半年ぶりの来日となるドゥニ・ヴィルヌーヴ監督らがそろって来日し、10月18日実施予定のジャパンプレミアに参加する予定だ。

 前作から30年後の“2049年”を舞台にした本続編では、『ラ・ラ・ランド』のライアン・ゴズリングがハリソンとともにブレードランナー、『スーサイド・スクワッド』のジャレッド・レトーがレプリカントの創造主ウォレスにふんし、これまで明かされなかった衝撃の真実が明かされていく。(編集部・石神恵美子)

映画『ブレードランナー2049』は10月27日より全国公開

関連記事(外部サイト)