坂口健太郎、松本潤の嵐と全く異なる顔に驚き

坂口健太郎、松本潤の嵐と全く異なる顔に驚き

『ナラタージュ』撮影中の松本潤とのエピソードを明かした坂口健太郎

 俳優の坂口健太郎が27日、都内で行われた映画『ナラタージュ』“一生に一度の恋をした人”限定!スペシャル試写会に嵐の松本潤と出席し、松本の隣でアイドル然として歓声を浴びたことを喜んだ。イベントには有村架純、行定勲監督も登壇した。

 2006年版「この恋愛小説がすごい」1位に輝いた、島本理生の同名小説をもとにした本作は、高校教師・葉山(松本)と生徒として出会った泉(有村)が、時が経ち再会した後、許されない恋に落ちるさまを描いたラブストーリー。

 坂口が演じるのは、泉に猛アタックのすえ交際するも葉山を忘れられない彼女の思いに気づき、嫉妬にさいなまれる大学生・小野怜二。初めて本作のプロモーションイベントに参加した坂口は、松本の登場に悲鳴をあげるファンの姿に、有村とともに面くらいながらも「熱気がすごいですね。僕も思わず歓声を浴びたくなる」と清々しい笑顔であいさつ。すると坂口にも盛大な拍手が送られ、坂口はチャームポイントのくしゃくしゃの笑顔で喜んだ。

 また、これまで演じてきた“爽やか青年”とは異なる役柄のためか、坂口は「(本作の)撮影をした後、いろんな役に携わってきたけど、どこかで小野くんの何かが残っている」と吐露すると、公開されることで「(役から)解き放たれるじゃないけど、特別な感じがします」と率直な思いを口にした。

 撮影中の印象的なエピソードを尋ねられると、「すごく驚いたのは、松本さんが“松本潤”じゃなかったこと」と紹介。「現場でご一緒するまで、テレビの中の松本さんしか知らなかった」そうで、「柔らかい雰囲気の葉山先生としてそこに立っているのが、いろんなところで見え隠れしていて、びっくりしました」と松本のアイドルとは異なる役者としての顔に衝撃を受けたことを告白していた。(取材:錦怜那)

映画『ナラタージュ』は10月7日より全国公開

関連記事(外部サイト)