ハッハー!ピーターラビットがパーティー野郎に…新作映画にファン困惑

ハッハー!ピーターラビットがパーティー野郎に…新作映画にファン困惑

イケイケなピーター! - 画像は映画公式Instagramのスクリーンショット

 ビアトリクス・ポターさんの人気絵本を実写とCGアニメーションで映画化した『ピーターラビット(原題) / Peter Rabbit』の海外版初予告が公開され、その斜め上を行くキャラクター設定と作品の雰囲気にファンが困惑している。

 自然豊かなイギリスの田園を舞台に、いたずら好きのうさぎ・ピーターの姿をのどかでユーモラスに描いて世界中にファンを獲得した「ピーターラビット」シリーズ。米ソニー・ピクチャーズ・アニメーションが手掛けた新作映画の予告は美しい湖水地方をピーターが駆けるオープニングこそ「ピーターラビット」らしかったが、すぐさまノリノリのポップミュージックに。“パリピ”としか形容しようのないイケイケなピーターが「来いよ!」と動物たちを呼び込んで農家のマクレガーさん家で乱痴気騒ぎをし、「ハッハー!」と謎のテンションで笑っている。

 この予告に関しては22日14時時点でYouTubeでは773人が高評価、746人が低評価と賛否真っ二つ。コメント欄には「ビアトリクス・ポターが墓の中で嘆いている」「ビアトリクス・ポターは認めていない」「なんでピーターラビットがパーティー野郎なの? もともとの本はチャーミングで愛情がこもったイノセントなもののはず」など予想外のテイストに困惑するファンの声があふれている。

 ピーターラビットの声は人気トーク番組「ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン」のジェームズ・コーデンが担当し、マクレガーさんは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』や『アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜』のドーナル・グリーソンが演じた。監督は『ANNIE/アニー』のウィル・グラックで、来年2月9日全米公開。(編集部・市川遥)

関連記事(外部サイト)