吉沢亮、イケメンなのに!残念キャラがハマりまくり『斉木楠雄のΨ難』場面写真公開

吉沢亮、イケメンなのに!残念キャラがハマりまくり『斉木楠雄のΨ難』場面写真公開

すごい見られてる… - (C) 麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

 端正なルックスで人気の俳優・吉沢亮(23)が、強めの“中二病”キャラクター・海藤瞬にふんした映画『斉木楠雄のΨ難』より、その残念っぷりがさく裂した新たな場面写真が公開された。

 彫刻のようだと称されることもあるほどの美形の持ち主である吉沢。これまでに多くの少女漫画原作モノに出演してきており、来年には吉住渉の名作を実写化する『ママレード・ボーイ』で主演を務める。最近では、大ヒットを記録している映画『銀魂』で、少年ジャンプの看板漫画における人気キャラクターを演じ、納得のルックスと演技で原作ファンからも絶賛された。

 人気漫画の実写化作品で成功をおさめてきた吉沢が、この『斉木楠雄のΨ難』では、自身を“漆黒の翼”と呼び、闇の組織・ダークリユニオンと戦っているという設定の中で生きるアクの強いキャラクターを演じる。生まれながれにしてとんでもない超能力を持ちながら、普通の高校生活を願う主人公・斉木楠雄(山崎賢人)の日常をゆるがす、ワケありクラスメイトのうちの1人だ。

 『銀魂』と同じ福田雄一監督がメガホンを取った本作でも、吉沢はそのポテンシャルを存分に発揮。「ダークリユニオンがいつどこで襲ってくるかわからない」という緊迫感を表現するにあたり、毎回オリジナリティーある動きを加え、キャラの設定上、常にポーカーフェイスでいなくてはならない山崎が思わず吹き出してしまうほど、前のめりで海藤を熱演した。

 公開された3枚の場面写真は、それぞれ「どんな瞬間!?」と思わずにいられないが、まさに海藤らしさがあふれるシーンが切り取られている。連載当初から毎週欠かさず原作を読んでいたという「斉木楠雄の災難」の大ファンでもある吉沢が「実写化はありえない」と思っていながらも、「もしするなら海藤は自分がやりたいと思っていました。運命を感じました」と振り返るこの役をどう魅せるのか、期待は高まるばかり。(編集部・小山美咲)

映画『斉木楠雄のΨ難』は10月21日より全国公開

関連記事(外部サイト)