宇多田ヒカル、実写版「鎌倉ものがたり」主題歌書き下ろし!

宇多田ヒカル、実写版「鎌倉ものがたり」主題歌書き下ろし!

『DESTINY 鎌倉ものがたり』ビジュアル - (C) 2017「DESTINY 鎌倉ものがたり」製作委員会

 『ALWAYS 三丁目の夕日』チームが再集結し、再び西岸良平のベストセラーコミックスを映画化する『DESTINY 鎌倉ものがたり』の主題歌が、宇多田ヒカルの書き下ろし楽曲「あなた」に決定した。同作でヒロインを務める高畑充希にとっては、主演した連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に続いてのことであり、高畑は個人的なことと前置きしながらも「朝ドラに引き続き宇多田さんに主題歌を担当していただけたこと。このご縁と幸せに胸がいっぱいです」とコメントした。

 山崎貴監督がメガホンを取り、西岸の作品において「三丁目の夕日」と双璧をなす累計発行部数910万部(既刊34巻)の人気コミックス「鎌倉ものがたり」を実写化する本作。人間と幽霊や魔物といった人ならざる者が共に暮らす鎌倉を舞台に、ミステリー作家とその妻を中心にストーリーが展開する。NHK大河ドラマ「真田丸」主演の堺雅人と、朝ドラ「とと姉ちゃん」での好演が記憶に新しい高畑という頼もしいタッグが、年の離れた夫婦役に挑んだ。

 異世界を描くファンタジー作品でありながら、日常を生きる“夫婦の愛”や“家族の絆”が伝わる物語。山崎監督にとって、この世界観を歌で表現でき、全世代が共感できるアーティストは宇多田以外には考えられなかったといい、自らの想いを手紙にしたため、依頼したという。オファーを受けた宇多田は、映画公開日となる12月9日が、彼女のデビュー記念日でもあるなど本作と縁を感じ、快諾。宇多田が映画主題歌を担当するのは『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』以来5年ぶり7作目となり、書き下ろされた主題歌「あなた」は、本作のプロット、原作を読み込んだ宇多田自身がイメージをふくらませて制作した。宇多田は「聴いてくれた人が、どんな風にそれぞれ受け取ってくれるのか楽しみな歌です」と語っている。(編集部・小山美咲)

『DESTINY 鎌倉ものがたり』は12月9日公開

関連記事(外部サイト)