ロバート・パティンソン、金髪になって夜の街を疾走!最下層で生きる男にふんした『グッド・タイム』予告

ロバート・パティンソン、金髪になって夜の街を疾走!最下層で生きる男にふんした『グッド・タイム』予告

金髪のロバート・パティンソン! - (C) 2017 Hercules Film Investments, SARL

 第70回カンヌ国際映画祭でお披露目され、主演のロバート・パティンソンが彼のキャリア史上最高の演技を披露していると話題を呼んだ映画『グッド・タイム』が11月3日より日本公開される。今回公開された予告編では、逮捕された弟を助け出そうとニューヨークのアンダーワールドを疾走し、深みにはまっていくコニー(ロバート)のめくるめく一夜が映し出される。

 予告編は、ニューヨークの貧困地区クイーンズに住む兄コニーと弟ニックが覆面をして銀行強盗をするシーンからスタート。しかし、障害のあるニックが逃げ切れずに捕まり、一人残されたコニーは周囲を言葉巧みにだまして保釈金をせしめようとするが、その頃には獄中で暴れたニックは病院送りに。コニーはニックを取り戻そうと病院に忍び込むが、事態はどんどん予想外の方向へ進んでいき……。髪を金色に染め、振る舞いからアクセントまでニューヨークの最下層で生きる男を体現したロバートの姿に驚かされるはずだ。

 第27回東京国際映画祭で最高賞にあたる東京グランプリと最優秀監督賞をW受賞した『神様なんかくそくらえ』のジョシュ&ベニー・サフディ兄弟がメガホンを取った。ベニーは弟ニック役で出演もしている。(編集部・市川遥)

映画『グッド・タイム』は11月3日よりシネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

関連記事(外部サイト)