佐藤健と宮野真守が初対面!『亜人』実写&アニメ主人公ツーショット

佐藤健と宮野真守が初対面!『亜人』実写&アニメ主人公ツーショット

実写版で主人公を演じた佐藤健とアニメ版の主人公声優・宮野真守 - (C) 2017映画「亜人」製作委員会 (C) 桜井画門/講談社

 実写映画『亜人』で主人公・永井圭を演じた佐藤健と、アニメシリーズで永井の声優を務めた宮野真守が、初対面を果たした。

 不死身の新人類“亜人”を描いた桜井画門による漫画「亜人」。30日に公開を控える実写映画では、高い身体能力で数々のアクションもこなす佐藤が主演を務め、亜人のテロリスト・佐藤にふんした綾野剛と直接対決を見せる。宮野は、本作ではナレーションとIBM(インビジブル・ブラック・マター)の声優として出演している。

 通常版に加え、IMAX、4DX、MX4D版での上映を予定している本作。本広克行監督自ら完全監修をし、動作1つ1つをこだわり抜いたMX4D版を佐藤と宮野のW永井圭が体験した。本作が初共演、この日が初対面だった二人。宮野は「よくテレビなどで見てる人だ! と思い、本当に緊張した」と話していたが、同じ役どころを演じた者同士とあって、すぐに意気投合した。

 佐藤は宮野について、「『亜人』という作品に関係なく、ずっと宮野さんとご一緒したいと思っていました。声優としてのスキルはもちろんですが、かなり俳優に近いお芝居をされる方だなと思っていて、他の声優の方と差別化してみていたところがあります」と語る。役づくりにおいては、アニメ版をたくさん見て“永井圭”像の参考にしていたといい、今回の共演を喜んだ。

 一方の宮野は、「同じ『永井圭』という役を演じたので、ずっとお話を聞いてみたいと思っていました。取材の時、佐藤さんのインタビューを聞いていて、本当にすばらしく、共感できたんです。映画とアニメの違いはありますが、作品や役に関して感じていることが似ていたり、同じだったりして。同じことを感じることができるのは、なかなかないと思うので、『永井圭』という人物からお互いにすてきなものをもらったんだなと思ったら、すごくうれしかったです」と明かしている。

 MX4D体験では、激しいバトルアクションが見どころの本作とあり、2人はアトラクションに乗っているかのように声を上げるなど存分に楽しんだ様子。佐藤は「友達同士でワイワイ楽しんでもいいですし、デートで吊り橋効果を利用して、二人の絆を深めてもらってもいいですし! 僕はデートをオススメしますね(笑) キャーキャー言って楽しんでください!」と提案した。(編集部・小山美咲)

関連記事(外部サイト)