吉沢亮、自画自賛!中二病キャラは「人生一番のハマリ役」

吉沢亮、自画自賛!中二病キャラは「人生一番のハマリ役」

ピースも決めちゃう吉沢亮

 俳優の吉沢亮が28日、都内で行われた映画『斉木楠雄のΨ難』完成披露試写会に出席し、“中二病”キャラクターが「ハマリ役」と自画自賛した。この日は、山崎賢人、橋本環奈、新井浩文、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシ、佐藤二朗、内田有紀、福田雄一監督も来場した。

 本作は、週刊少年ジャンプで連載中の同名人気ギャグ漫画の実写化作品。生まれ持つ超能力を隠して普通に生きたいと願いながらも、ワケありのクラスメイトたちがムダにカラんできて、次から次へと災難が降りかかる高校生・斉木楠雄(山崎)の学園生活が描かれる。

 楠雄のクラスメイトの一人で、アクの強い“中二病”のキャラクター・海藤瞬にふんした吉沢は、「最高でした。今までの役者人生で、一番のハマリ役だと思っています」と自信をのぞかせると、「超楽しかったです」と笑顔。役づくりにおいては、「自分の中に中二病いるな……と思いました。自分の中にあるものしか使ってないですもん」と語ると、ムロが福田監督に演出されたと思っていた劇中のユニークなポーズについても、「降りてくるんです」と自然にできてしまったポーズであることを打ち明け、会場の笑いをさらっていた。

 そんな吉沢のコメディアンぶりには山崎も脱帽。走って来るだけで面白かったそうで、何度も吹き出し、撮り直しをしたという。さらに、映画『銀魂』でもタッグを組んだ福田監督は当時「えらい緊張していた」と明かすが、本作の現場では吉沢が自分のそばを通り過ぎる時に、「いやぁ、楽しいわ」ともらすほど楽しんでいたことを暴露。そして「はばたきました」とも称賛の言葉を送っていた。(取材:錦怜那)

映画『斉木楠雄のΨ難』は10月21日より全国公開

関連記事(外部サイト)