松坂桃李&蒼井優、ゲス役でため息「演じれば演じるほどに最低」

松坂桃李&蒼井優、ゲス役でため息「演じれば演じるほどに最低」

しゅーん…… - 松坂桃李&蒼井優

 女優の蒼井優と俳優の松坂桃李が28日、都内で行われた『彼女がその名を知らない鳥たち』の完成披露試写会に出席。本作で不倫の関係に落ちる男女を演じているが、そろって互いの役柄を“クズ”と認めあい、蒼井は「わなわなしています。観た後、みんなわたしのこと嫌いになるんだろうなって」とため息。松坂も「僕のうちわをもってきている人いますけど、見た後、捨てて帰る人もいるんだろうな」と不安を口にして会場を笑わせた。

 沼田まほかるの人気小説を実写映画化し、同居する相手の稼ぎに依存しながらも彼を嫌い、家庭のある別の男性とも関係を持つ身勝手な女と、彼女に執着するさえない中年男の関係を描く本作。舞台あいさつには阿部サダヲ、竹野内豊ら出演者と、メガホンをとった白石和彌監督も出席。

 竹野内ですら「クズしか出てこない映画」と認める本作だが、蒼井は「お話をもらったとき、阿部さんと白石監督しか決まっていなかったんですけど、最初はそのお二方と仕事をできるのがうれしかった。でも、引き受けたら『あれ?』って。脚本を読めば読むほど、演じれば演じるほどに最低な役だなって」と苦笑い。

 「その後、松坂さんと竹野内さんも決まったんですけど、わたしよりクズな人が出てくるって。現場でもクズ合戦になっていました」とニヤニヤ。「わたしのこと最低だと思うかもしれないけど、お手柔らかに見て下さい」と客席に呼び掛けていた。

 松坂も誠実そうな見た目とは裏腹に薄っぺらい言葉を連発する最低男の役。「脚本を読んでゲスだなって。女性の敵。彼に共感する人はいないでしょうね。共感できたら終わりですよ」と述べ、「本当にペラペラ。ペラペラペラ男ですよ」とこちらもため息。蒼井が「松坂さんはこんな薄いセリフをよく真顔で言えるなって」と冷やかせば、監督も「僕が松坂桃李ならこの役を受ける理由が見つからない」とちゃめっ気たっぷりに松坂に声を掛け、松坂は困り顔。

 一方、竹野内も本作でクズな男の一人を熱演。蒼井らに同調しながらも、「誰一人共感できる出演者はいないけど、なぜか観た後に心を揺さぶられる、そんな映画」と壇上で大人のコメント。ゲス役を熱演した蒼井に対しては「本物の女優さんだなって。それを今回ご一緒してあらためて感じることができました」と絶賛し、女優としての蒼井を褒め殺し。蒼井は「なんだか(褒めていただいて)すみません」と恐縮しきりだった。(取材・文:名鹿祥史)

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』は10月28日より新宿バルト9ほか全国公開

関連記事(外部サイト)