『君の名は。』がV9!矢口史靖監督新作が5位に初登場【週間レンタルランキング】

『君の名は。』がV9!矢口史靖監督新作が5位に初登場【週間レンタルランキング】

『君の名は。』ずっと1位です。 - (C) 2016「君の名は。」製作委員会

 9月25日付のTSUTAYAレンタルDVD/ブルーレイランキングは『君の名は。』が9週連続で首位を獲得した。

 先週8位に初登場した『この世界の片隅に』は2位にランクアップ。片渕須直監督が膨大な資料から時代考証を行い戦時中の生活をリアルに描いた。これまでの戦争映画と異なり、戦時下の悲惨な様子を描くのではなく、料理や裁縫など日常の風景にもスポットを当てている。主人公すずの声を女優ののんが担当している。

 5位に初登場したのは矢口史靖監督作『サバイバルファミリー』。ある日、電気が使えなくなり、東京は大混乱に陥る。交通機関や携帯電話、ガス、水道まで完全にストップした生活が何日間も続く。都市機能が麻痺した東京から脱出する一家の奮闘を描き出す。矢口監督は『ウォーターボーイズ』では男子シンクロ、『ハッピーフライト』では航空業界と、題材を丹念に取材して脚本も手がけてきた。明るくコミカルな作品が多かったが、本作はシリアスなテイストも。道路を走る車が全くなく自転車や徒歩で通る大勢の人たち、水や食料の値段の高騰といったリアルな描写に背筋が凍ることもしばしば。異色の矢口監督作に仕上がっている。

 11位以下で注目なのは先週から6つランクを上げて13位となった『ムーンライト』。今年のアカデミー賞では番狂わせで作品賞を受賞した。黒人少年の成長を少年、ティーンエージャー、大人と三つの時代構成で描く。マイアミの黒人貧困地域で暮らす内気な少年シャロンは、学校ではいじめられ、家庭では麻薬中毒の母親と確執を抱えていた。近所に住む麻薬密売人が父親代わりとなり成長していく。やがて彼は自分が友人に特別な感情を抱いていることに気付く。来週のトップテン入りに期待したい。

今週のランキングは以下の通り(カッコ内は先週の順位)
1位『君の名は。』(1位)
2位『この世界の片隅に』(8位)
3位『SING/シング』(2位)
4位『チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』(4位)
5位『サバイバルファミリー』(初登場)
6位『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(3位)
7位『劇場版 ソードアート・オンライン −オーディナル・スケール−』(6位)
8位『ゴースト・イン・ザ・シェル』(10位)
9位『ラ・ラ・ランド』(5位)
10位『PとJK』(7位)

 今週は27日に『君の名は。』で声優を務めた神木隆之介が主演した『3月のライオン 前編』がレンタル開始。『君の名は。』が10週連続首位獲得なるかに注目したい。(取材・文:相良智弘)

関連記事(外部サイト)