誰だかわからない…パリ生まれのイケメン俳優が衝撃の変身

誰だかわからない…パリ生まれのイケメン俳優が衝撃の変身

だ、誰……? - (C)2017 KingRecords

 桜井ユキ主演、高橋一生共演の映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY −リミット・オブ・スリーピング ビューティ−』(10月21日公開)で、パリ生まれのイケメン俳優・古畑新之(ふるはた・にいの)の衝撃的な劇中写真が公開となった。

 本作は、女優を夢見ながら小さなサーカス団でマジシャンの助手として働くヒロイン、オリアアキ(桜井)が、現実と妄想の間をさまようさまを描くドラマ。新たに公開となった劇中写真には、ヒロインの恋人カイトを演じる高橋のほか、ピエロの扮装をした謎めいた男ブッチ役の古畑新之、クラブのバーテン役・成田凌、ショー番組のMC役・満島真之介らの姿も。

 なかでも、強烈な印象を放っているのがピエロルックの古畑。予告編映像で、こめかみに指を当て「妄想しすぎた」とつぶやく姿や銃をぶっ放す様子などが見られるが、白塗りに赤鼻、特殊メイクを施したビジュアルは本人とわからないほどの変身ぶり。

 古畑は、高橋一生と同じ「舞プロモーション」に所属する26歳の俳優で、フランス・パリに生まれ、1994年に渡米。2000年に日本に帰国したのちは村上春樹原作、故・蜷川幸雄演出の舞台「海辺のカフカ」(2014)の田辺カフカ役にオーディションで抜擢され、舞台やテレビドラマ、CMなどで活躍している。(編集部・石井百合子)

関連記事(外部サイト)