新井浩文「童顔好きだから…」橋本環奈にデレデレ

新井浩文「童顔好きだから…」橋本環奈にデレデレ

新井浩文にっこにこ

 俳優の新井浩文が28日、都内で行われた映画『斉木楠雄のΨ難』完成披露試写会に出席し、橋本環奈にデレデレの自分について「ほら、童顔好きだから」とぶっちゃけた。この日は、山崎賢人、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシ、佐藤二朗、内田有紀、福田雄一監督も来場した。

 本作は、週刊少年ジャンプで連載中の同名人気ギャグ漫画の実写化作品。生まれ持つ超能力を隠して普通に生きたいと願う斉木楠雄(山崎)を主人公に、彼にカラんでくるクラスメイトたちとの恋と友情、超能力が吹き荒れる学園生活を描いたコメディー映画となっている。

 天下無敵の美少女と自覚し、楠雄のことが気になって仕方がない照橋心美役の橋本は「すごいキャラですよね……」とかわいいことを自覚している心美に驚いている様子。そんな中、福田監督から自分についてどう思っているかを尋ねられると、「わたしなんてそんな全然」と謙遜。さらに「こういう話を振るなっていう顔されました」と暴露されると、「していません!」とかわいく訴え、観客から「かわいい〜」の声を浴びていた。

 そんなキュートな橋本に新井はデレデレ。劇中、心美に魅了された男性は「おっふ」と声をもらしてしまうのだが、新井演じるバカ過ぎて思考が読めない燃堂力が一番「おっふ」をしていることが明かされると、新井は「実際かわいいから、やりやすいよね」とさらりとコメント。新井といえば、女優の夏帆、二階堂ふみ、池脇千鶴など、童顔や10歳以上も下の女性たちとの熱愛が報道されたことがあり、「ほら、童顔好きだから」とぶっちゃけ、「(橋本をかわいいと思うのも)しょうがない」と話し、会場の笑いをさらっていた。(取材:錦怜那)

映画『斉木楠雄のΨ難』は10月21日より全国公開

関連記事(外部サイト)