『アナと雪の女王』続編、ついに収録スタート!

ディズニー『アナと雪の女王』続編の収録始まる アナ役のクリステン・ベルらも続投

記事まとめ

  • ディズニーのアニメ映画『アナと雪の女王』続編のボイスキャストによる収録が始まった
  • 実写版『美女と野獣』でル・フウ役のジョシュ・ギャッドもワクワクしている様子
  • エルサ役のイディナ・メンゼル、アナ役のクリステン・ベルらも続投が決まっている

『アナと雪の女王』続編、ついに収録スタート!

『アナと雪の女王』続編、ついに収録スタート!

続編の全米公開は2年後! - 映画『アナと雪の女王』より - Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 ディズニーの大ヒットアニメーション映画『アナと雪の女王』(2013)の続編のボイスキャストによる収録が始まった。雪だるま・オラフ役のジョシュ・ギャッドが28日、Twitterで報告した。

 実写版『美女と野獣』での悪役ガストンの太鼓持ち、ル・フウの好演も記憶に新しいジョシュは「5年前に始まった旅の後、この収録ブースに戻ってくることができてとてもうれしい」とつづるなど、ようやく始まった続編の収録にワクワクしている様子。「クリエイティブチームは待つ価値のあるストーリーを思いついたんだよ」と期待をあおった。

 ジョシュは収録ブースでの写真も一緒に投稿しており、そこには前作から続投している監督のクリス・バック&ジェニファー・リー、プロデューサーのピーター・デル・ヴェッチョの姿もあり、みんないい笑顔を浮かべている。制作は順調に進んでいるようだ。

 2019年11月27日全米公開予定の『アナと雪の女王』続編では、エルサ役のイディナ・メンゼル、アナ役のクリステン・ベルらも続投することが決まっている。オラフをフィーチャーした22分の中編『アナと雪の女王/家族の思い出』も制作されており、こちらはディズニー/ピクサーの新作『リメンバー・ミー』(2018年3月16日日本公開)と同時上映される。(編集部・市川遥)

関連記事(外部サイト)