大サービス!佐藤健『亜人』公開中は「写真断らない」宣言

大サービス!佐藤健『亜人』公開中は「写真断らない」宣言

驚きの誓いを発表した佐藤健

 俳優の佐藤健と綾野剛らが30日、TOHOシネマズ日劇で行われた映画『亜人』の初日舞台あいさつに出席。作品に絡めて誓いを発表するコーナーで、佐藤は本作の公開中は「町で会った人に頼まれたら、写真を絶対に断りません」と宣言した。

 玉山鉄二、城田優、千葉雄大、川栄李奈、浜辺美波、本広克行監督も出席したこの日の舞台あいさつ。撮影中のエピソードを紹介したほか、作品の「絶対に死なない亜人」にちなんで「絶対に〇〇しない」を宣誓するコーナーが設けられ、それぞれフリップを使って発表した。

 浜辺がフリップで「『亜人』宣伝を欠かさない」とし「映画館や本屋さんで『亜人』のポスターを見た時には『あー面白そうー!』と独り言でつぶやく」とかわいらしく発表したのに続き、友人についネタバレをしてしまうという川栄は「ネタばれしない」、玉山は「衆議院選挙には出馬しません」、城田は「Tシャツをインしない」、千葉は「上目遣いしない」から修正して「『亜人』の宣伝では上目遣いする」、綾野は「できない約束はしない」と誓いを立てた。

 そんな中、最後に佐藤は「『亜人』の公開中、町で会った人に頼まれたら絶対に写真を断りません」と宣言。共演者も観客もどっと沸く中、城田から「これ本当に大変なことになるよ。1人始まったら100人集まるよ」、綾野から「飲んでる時に声かけられても大丈夫なの?」と心配されるも、佐藤は「いつでも撮ってください。隠し撮りでもいいです。ただ、そのかわり絶対『亜人』を観て。それが前提です」とコメント。MCが「チケットの半券を持ってなくてもいい?」と聞くと、佐藤は「(チケットは)あった方がよりいい画質で」と茶目っ気たっぷりに回答してファンを笑わせていた。

 本作は桜井画門の原作コミックを『踊る大捜査線』シリーズなどの本広監督が実写化した作品。交通事故での死亡から一転して生還し、絶命とともに再生を始める能力を持つ新人類・亜人であることが発覚した主人公の永井圭(佐藤)が、国家権力やテロをもくろむ亜人たちと激しい戦いを繰り広げる。(取材・文:中村好伸)

映画『亜人』は公開中

関連記事(外部サイト)