仮面ライダーゴースト・西銘駿、ライダー復活で不安だったのは…

仮面ライダーゴースト・西銘駿、ライダー復活で不安だったのは…

タケル殿のイロチ…?

 俳優の西銘駿が9日、都内で行われた映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』初日舞台あいさつに登場。昨年9月に放送終了した「仮面ライダーゴースト」より、レジェンドライダーとして本作に出演した仮面ライダーゴースト/天空寺タケル役の西銘は、ある不安を持って撮影に臨んでいたことを明かした。

 凶悪な科学者によって消滅の危機にさらされた人類と世界を救うため、仮面ライダービルド、エグゼイドらが歴代のライダーたちと共に立ち上がり、壮絶なバトルを繰り広げるさまを描いた本作。

 この日、「お願いしまーす!」と駆け足で登壇し、決め台詞をコール&レスポンスで披露して会場を盛り上げた西銘は、「すごくないですか? 僕のフレッシュ感」とアピールしつつ、「久しぶりに仮面ライダーの衣装を着ての舞台あいさつで緊張しちゃった」とはにかんだ。

 また、「衣装を着れたり、変身ができりしたことは本当に嬉しかったです」と撮影時を振り返ると、「帰ってくるのを期待してくれていたファンの皆様に感謝していますし、キャスティングしてくれたプロデューサーさん、本当にありがとうございます」と頭を下げた。

 さらに、テレビ放映中とは異なる髪色で出演していることから、「戸惑わなかったですか? 最初出てきた時に『タケルのコスプレした人』と思わなかったですか? そう思われていたら怖いなと思っていた」と告白するも、観客から「大丈夫!」と返事をもらうと、安堵の表情を見せていた。

 舞台あいさつには、「仮面ライダービルド」から犬飼貴丈、赤楚衛二、高田夏帆、滝裕可里、水上剣星、「仮面ライダーエグゼイド」から飯島寛騎、瀬戸利樹、松本享恭、岩永徹也、松田るか、小野塚勇人、甲斐翔真、黒崎レイナのほか、科学者役の大槻ケンヂ、「仮面ライダーゴースト」から柳喬之、「仮面ライダーフォーゼ」から土屋シオン、そして上堀内佳寿也監督も登壇。

 飯島は「エグゼイドチームとしては、最後(の映画)なので、一人でも多くの方に面白いと伝えてもらいたい」と呼び掛け。犬飼は「映画初主演なので思い入れも強く、嬉しいより嬉しいより嬉しいくらいの嬉しみです」と自己流に喜びを表現すると、「大ヒットしてほしいし、2017年、2018年で最も愛された映画になってくれればいいな」と期待を込めた。(取材:錦怜那)

映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』は公開中

関連記事(外部サイト)