山崎賢人の透明感…『羊と鋼の森』ビジュアルが公開

山崎賢人の透明感…『羊と鋼の森』ビジュアルが公開

映画『羊と鋼の森』ティザービジュアル - (C)2018「羊と鋼の森」製作委員会

 「火花」「君の膵臓をたべたい」などの話題作を抑えて「2016年本屋大賞」を受賞した小説を実写化した、映画『羊と鋼の森』のティザービジュアルが公開。本作で主人公となるピアノの調律師を演じている山崎賢人の職人姿が披露された。

 本作は、ピアノの調律に魅せられた一人の青年・外村直樹(演:山崎)の成長物語。北海道の高校に通う外村は調律師・板鳥と出会い、板鳥がいる江藤楽器で働くことを通して多くの人々に触れ、ピアノの調律師として生きていくことを決意する。

 ティザービジュアルでは、真剣にピアノに向き合う山崎の調律師としての姿が。透明感もただよう彼の瞳には、ピアノの鍵盤が写りこんでおり、真摯な眼差しと表情は職人そのもの。実際に山崎は本作のリアリティーを追及するために、日本ピアノ調律師協会の会長から直々に指導を受け、ピアノの調律の練習を重ねた上で、撮影に臨んでいたという。今回はティザービジュアル以外にも、山崎がピアノを調律している場面写真も併せて披露された。

 劇中では外村の人生を導く調律師・板鳥宗一郎役で三浦友和、外村の調律師人生を大きく変えることになるピアニスト姉妹役で上白石萌音、上白石萌歌姉妹らが出演。そのほかにも鈴木亮平や佐野勇斗なども参加している。(編集部・井本早紀)

映画『羊と鋼の森』は2018年6月8日より全国公開

関連記事(外部サイト)